脂漏皮膚炎の症状,頭皮の乾燥,シャンプー

【必見】脂漏性皮膚炎の症状にはこれ!頭皮の乾燥対策シャンプーがおすすめ!

【知らなきゃ損】脂性皮膚炎の症状であるフケ、頭皮の赤み、痒みは放っておくと大変なことになります。効果的な成分を配合したシャンプーをランキングでご紹介!

脂漏性皮膚炎はハゲにつながってしまうの!?放っておくと危険

読了までの目安時間:約 6分

脂漏性皮膚炎は頭、顔などに出やすい皮膚炎です。

 

その原因となるのはマラセチア菌と言われており、

この菌が急激に繁殖することによって脂漏性皮膚炎は起こります。

 

 

放っておくとハゲなどの症状につながってしまうため、

注意が必要であり、できるだけ早い段階で対処しておくのが望ましいでしょう。

 

というのも、このマラセチア菌は酸を放出するという特徴があり、

頭皮の場合は、皮膚上に酸が降り注ぐことになってしまうためです。

 

これが頭皮が炎症を起こす原因になります。

 

酸と言えば予想がつく方も多いかもしれませんが、

頭皮を痛めてしまい、乾燥しやすくなってしまいます。

 

頭皮が乾燥してくることによって、

皮脂と呼ばれる皮膚の表面にある脂分が固形化し、

フケとなって落ちてきます。

 

また、炎症を起こしているため、かゆみなどの症状も出てきます。

 

 

もしあなたが現在頭皮の痒み、フケに悩まされているのであれば、

脂漏性皮膚炎の症状を疑ったほうが良いでしょう。

 

人によっては知らず知らずのうちに頭を掻くクセが付いてしまい、

かさぶた、出血などの症状も伴うようです。

 

 

以上が脂漏性皮膚炎の主な症状になりますが、最初にご紹介したとおり、

これらは頭皮を痛める原因になってしまい、ハゲの症状につながってきます。

 

繰り返しになりますが、早めに対処しておくことをおすすめします。

 

 

では、脂漏性皮膚炎の症状を緩和してくれるものはどのようなものか?

 

それは育毛シャンプーの使用です。

 

 

 

脂漏性皮膚炎はもともと頭皮の血流が悪化していることによって起こるものですので、

対応するためにはまず血流を良くすることから始まります。

 

血流を良くしてくれる成分。

 

それはアミノ酸です。

 

アミノ酸は健康サプリメントなどに多数使用されていますが、

血流を良くすることで疲労を回復したり、活動のエネルギーになったりと、

さまざまな場面で役立つものです。

 

これをシャンプーに配合し、頭皮に流し込むことで血流を良くしてくれます。

 

 

脂漏性皮膚炎に対して相性が良い成分と言えるでしょう。

 

もちろん、育毛シャンプーに含まれているのはアミノ酸だけではありません。

 

有名なものを挙げてみると、センブリエキス、甘草エキスの2つです。

 

これらはほぼすべての育毛剤に含まれているといっても過言ではありません。

 

センブリエキスは保湿効果をもたらしてくれる成分とされており、

乾燥した頭皮に潤いを与え、かゆみ、フケなどの症状を緩和してくれるものです。

 

 

育毛の定番成分と言えるでしょう。

 

甘草エキスは、グリチルリチン酸二カリウムと呼ばれる成分が含まれていますが、

これは抗炎症の効果があると言われており、

江戸時代から活用されていたと言われています。

 

 

脂漏性皮膚炎による炎症を緩和してくれるのに役立ちます。

 

これもセンブリエキスと並んで、育毛の定番成分とされています。

 

アミノ酸、センブリエキス、グリチルリチン酸二カリウムの3つの効果により、

脂漏性皮膚炎の症状を抑えつつ、その原因を取り除き、

元の健康な頭皮を取り戻すことができます。

 

もちろんそれ以外にも昆布エキス、各種ビタミンなどを配合しており、

髪の毛を強くしてくれる成分も含まれているなど、

頭皮のケアに役立つ成分が多数使用されています。

 

価格もリーズナブルなものが多く、殆どのシャンプーが

3,000円~4,000円程度で購入することができますので、

継続しやすいというのもポイントが高いです。

 

この手の商品は継続することを前提に作られていますので、

やはり価格が手頃であることに越したことはありません。

 

成分量が多い育毛剤などもありますが、

基本価格が10,000円以上するものも多く、継続するには厳しい価格設定であるため、

まずは育毛シャンプーを試してみてはいかがでしょうか?

 

 

育毛シャンプーおすすめランキングはこちら

脂漏性皮膚炎のきっかけってなに?そもそもどうして起こるの?

読了までの目安時間:約 6分

脂漏性皮膚炎は頭皮や顔などに出やすい症状と言われており、

マラセチア菌とよばれるカビ菌が急激に繁殖することによって起こる皮膚炎です。

 

※よく癜風と間違われがちですが、あちらは菌が内部に入り込む感染症であり、

同じくマラセチア菌が原因ですが症状が違います。

 

 

 

 

マラセチア菌は酸を放出するという特徴を持っているため、

この菌が繁殖してしまうことによって、

皮膚上に多量の酸が降り注ぐことになり、炎症を起こしてしまいます。

 

これが脂漏性皮膚炎の仕組みです。

 

では、このマラセチア菌が急激に繁殖してしまうきっかけは何なのでしょうか?

 

 

それは皮脂が過剰に分泌されることで起こります。

 

皮脂は私達の皮膚を守るために重要な役割を持っています。

 

この皮脂は一定のバランスを保つようになっており、

健康な状態であれば過剰に分泌されるということは起きません。

 

ですが、皮膚が何らかの警告信号を発した場合、

皮脂を多めに分泌して皮膚を守ろうという働きが起こります。

 

これが皮脂の過剰分泌の仕組みです。

 

ここまで聞いた限りでは、皮膚を守るために行っていることですので、

体に良いことのように感じます。

 

実は先程のマラセチア菌は、

この皮脂を栄養として繁殖するという特徴があります。

 

 

ですので、皮膚を守るために皮脂を過剰に分泌しているはずが、

返って菌を繁殖させてしまい、皮膚を痛める原因となってしまいます。

 

もちろん皮脂が一定のバランスで保たれているのであれば、

マラセチア菌が急激に繁殖するということは起こりません。

 

ですので、脂漏性皮膚炎の症状を抑えるためには、

皮脂を過剰分泌させないようにしていく必要があります。

 

皮脂の過剰分泌の原因

 

では、皮脂の過剰分泌はどのようにして起こるのでしょうか?

 

実はさまざまな原因があり、一概にこれが原因ということはありません。

 

ストレス、タバコ、過度の飲酒、不規則な生活、紫外線を浴び続ける、

睡眠不足等数え上げればきりがありません。

 

ですが、これらの原因によって最終的にたどり着くもの。

 

それは血流が悪くなるということです。

 

 

皮脂が過剰分泌される主な原因は、

血流が悪くなっていることによって起こると言われています。

 

ご存知の方も多いと思いますが、

私たちは血液によってからの各器官に栄養が運ばれており、

それは頭皮も例外ではありません。

 

血流が悪くなり、必要な栄養素が運ばれていない・・・

といった症状を皮膚が察知した場合、皮脂を過剰に分泌し、

皮膚を守ろうという働きがされてしまうのです。

 

これが皮脂の過剰分泌の仕組みになります。

 

脂漏性皮膚炎のきっかけは私達の生活スタイルやさまざまな原因によって、

必要な血液が十分に行き渡りにくくなることによって起こるということになります。

 

脂漏性皮膚炎の症状

 

脂漏性皮膚炎は、その名の通り皮膚が炎症を起こしているということになりますので、

痒みなどの症状を伴ってきます。

 

 

ひどいときには瘡蓋ができるほど掻いてしまいますので、

頭皮のかゆみが尋常ではない場合は脂漏性皮膚炎を疑うべきでしょう。

 

また、炎症を起こしているということは、皮膚が乾燥しやすくなりますし、

頭皮の場合はフケとなって現れてきます。

 

毎日清潔にしているのにもかかわらず、

フケの量が明らかに多い場合も注意が必要です。

 

もともとフケはこの皮脂が感想によって固形化し、落ちていく症状ですので、

皮膚が乾燥していない場合はそれほどフケが目立ちません。

 

脂漏性皮膚炎の症状の特徴には、これらのフケやかゆみといった症状が伴いますので、

自分の皮膚が、このような症状になているのであれば。

 

早めに対処しておくのが望ましいでしょう。

 

これらの症状は皮膚を痛めることになりますし、

頭皮の場合、最終的には抜け毛や薄毛につながってしまいますので、

放っておくと大ダメージになってきます。

 

 

 

脂漏性皮膚炎に効果あり!?頭皮ケアシャンプーはこちら

頭皮がかゆい・・・それってマラセチア菌かも。放っておくと・・・

読了までの目安時間:約 6分

頭皮の痒みがひどい・・・。

知らないうちに頭を掻いている・・・。

 

こんな症状に心当たりがありませんか?

 

 

これは乾燥などの可能性もあるかもしれませんが、

あまりにひどい場合は、マラセチア菌の繁殖を疑ったほうが良いかもしれません。

 

これは頭皮や顔などによく繁殖されるという菌であり、

放っておくと毛根が大ダメージを受ける可能性があるためです。

 

 

というのも、想像がつくかもしれませんが、

毛根がダメージを受けるとどうなるのか?

 

言うまでもなく、ハゲ、薄毛といった症状につながってしまうためです。

 

もしあなたが以下の症状に心あたりがあるようであれば、

頭皮の状態が健康とは言えません。

 

  • 清潔にしているのにフケが異常に多い気がする
  • 知らないうちに頭を掻いている
  • 頭皮が赤くなっている
  • 髪の毛がぱさつきやすくなている

 

こんな症状を感じているのであれば、頭皮のダメージが大きくなっている可能性があります。

 

 

まずフケが多いことに関してですが、これは頭皮が乾燥していることによって起こります。

 

 

マラセチア菌の特徴として、酸を放出するというものがあります。

 

つまり、マラセチア菌が多量に繁殖するということは、

酸が多量に頭皮にかかってしまうということであり、

これによって頭皮が傷んでしまい炎症を引き起こします。

 

炎症が起こった頭皮の表面に付着している皮脂と呼ばれる脂分が乾燥してしまい、

フケとなって落ちていきます。

 

これがフケが異常に多い原因です。

 

次に頭を掻いていることについてですが、これも原理は全く同じであり、

マラセチア菌による酸が頭皮にかかり、炎症を起こしてしまうということは、

かゆみを引き起こしてしまいます。

 

症状はそんなに重くないと言われていますが、

実はこれを放っておいたことで、かゆみが悪化し、眠れない、

瘡蓋になるまで掻いてしまうという報告もあります。

 

 

私はこの症状に気付かずにお酒を飲んでいたら、

朝になったら掻きすぎて血が出ていました。

 

この鈍感具合にはほとほと呆れてしまいますが、

このような症状を伴ってしまうようです。

 

私はこの時点でようやく気づきましたが。

 

ちなみに頭皮が赤みを帯びているのも同じ症状です。

 

炎症を起こしているということは、皮膚が赤くなる。

 

こんな経験をしたことがある人は多いと思いますが、

頭皮が赤くなっているのはまさにこの症状と同様の例と言えるでしょう。

 

最後に髪がぱさつきやすくなっていること。

 

 

これはマラセチア菌とは少し違いますが、

頭皮に十分な栄養がいきわたっていないことが原因です。

 

髪の毛は毛根から栄養を受けているというのはご存知かもしれませんが、

血流が悪くなることによって、頭皮に十分な栄養が生きにくくなり、

結果的に髪そのものもダメージを受けてしまうようです。

 

 


 

 

以上がマラセチア菌の繁殖による影響になります。

 

では、どうしてマラセチア菌が繁殖してしまうのでしょうか?

 

実は先程の血流悪化が大本の原因と言われています。

 

 

血流が悪化してしまうと、私たちは頭皮に皮脂を過剰分泌します。

 

これはもちろん皮脂によって頭皮の細胞を守るためと言われており、

言わば防御本能の一種です。

 

これを行うことで本来は頭皮が守られるはずなのですが、

マラセチア菌はこの皮脂を栄養として繁殖するという特徴があり、

かえって菌の繁殖を助けてしまう結果になってしまいます。

 

ですので、結果的に繁殖を助けてしまった・・・ということであり、

なんとも皮肉な話になりますね。

 

では、この皮脂の過剰分泌を防ぐにはどうすればよいのか?

 

それは育毛シャンプーの使用です。

 

 

育毛シャンプーは頭皮の血流を良くしてくれるアミノ酸、

炎症を抑えて、かゆみを緩和してくれる生薬、

そして頭皮に保湿成分を流し、フケ、かゆみなどの症状を抑える生薬

 

こういった成分が使用されており、しかも価格もリーズナブルであるため、

まずは試してみたい!という方にうってつけと言えるでしょう。

 

 

育毛シャンプーのおすすめランキングはこちら

皮膚にカビのようなものが!?その症状は・・・?

読了までの目安時間:約 5分

脂漏性皮膚炎の症状が伴ってきている場合は、

皮膚にカビが繁殖している可能性が高いです。

 

 

え!?って思うかもしれませんが、

脂漏性皮膚炎の症状に深い関連を持つカビ。

 

それがマラセチア菌と呼ばれるものです。

 

マラセチア菌は酸を放出するという特徴がありますが、

これが頭皮を痛めてしまい、脂漏性皮膚炎につながっていきます。

 

頭皮の炎症、赤み、フケなどの症状が見られた場合、

マラセチア菌の感染を疑った方が良いでしょう。

 

では、マラセチア菌はなぜ繁殖してしまうのでしょうか?

 

その答えは、皮脂の急激な分泌ということになります。

 

皮脂の役割とは??

 

皮脂はその名の通り脂分なのですが、

これは私達の皮膚を紫外線や外気から守るために重要な役割を担ってくれています。

 

 

この皮脂があるからこそ皮膚病や炎症をおこすのを防いでくれるのです。

 

皮脂は健全な状態であっても皮膚の表面に付着しているため、

そこまで気にすることではありません。

 

ですが問題となるのはその分泌量です。

 

私達の体の性質上、皮脂は一定のレベルでしか分泌されず、

必要最低限の一定レベルでその量が保たれています。

 

ですが、頭皮の血行が悪くなり、十分な栄養が行き渡りにくくなった場合、

頭皮の細胞が異常を察知します。

 

その結果、皮膚を守るために過剰に皮脂を分泌してしまうのです。

 

 

 

実はこの状態が先ほど紹介した皮膚のカビであるマラセチア菌と関連します。

 

つまり、マラセチア菌は皮脂を栄養としているのです。

 

つまり、皮脂が過剰に分泌されてしまえば、

それだけマラセチア菌が多量に繁殖しやすい環境になってしまいます。

 

その結果、酸が多量に放出されてしまうのです。

 

酸と言えばあなたもご存知かもしれませんが、

強い酸性を伴っていれば、物質を溶かしてしまいますよね?

 

これと原理は同じであり、マラセチア菌によってさんが多量に放出された場合、

頭皮に酸が直接降りかかることになりますので、皮膚がダメージを受けやすくなってしまいます。

 

 

これによって、頭皮が炎症を起こしたり、強いかゆみを伴ってしまうのです。

 

しかも脂漏性皮膚炎の症状が重い場合は、

知らず知らずのうちに頭を掻いてしまうクセがついてしまうようですので、

瘡蓋ができたり、場合によっては血が出てしまいます。

 

そうなっては当然、髪の毛が生えてくるはずの毛母細胞に傷がついてしまいますので、

抜け毛や薄毛といった症状につながってしまうのです。

 

頭皮にあるカビの一種であるマラセチア菌は通常であれば

そこまで悪さをするようなことはありません。

 

そしてこれの厄介なところは、

私達の体の仕組み上そのようになってしまうという点です。

 

 

つまり、皮脂を過剰に分泌するという仕組みは防ぐことができません。

 

ですので、その前段階である血行不良を改善し、

頭皮に十分な栄養を行き渡らせることや、

すでに発症している炎症を防ぐように対策をしていく必要があります。

 

そこでおすすめするのが、炎症を防ぎ、血流をよくし、

頭皮の異常に関連する保湿成分を含んだシャンプーです。

 

つまり、育毛シャンプーと呼ばれているものになります。

 

これらの成分を頭皮に直接浸透させることで、

頭皮の状態悪化を防ぐことにつながるでしょう。

 

おすすめ育毛シャンプーランキングはこちら!

 

当サイトおすすめ!

【CHAP UP】

価格、成分量共に文句なし!

頭皮の痒み、フケの解消はコレ!

button_001

カテゴリー
ランキング参加中

あなたのクリックが励みになります!

↓↓↓