脂漏皮膚炎の症状,頭皮の乾燥,シャンプー

【必見】脂漏性皮膚炎の症状にはこれ!頭皮の乾燥対策シャンプーがおすすめ!

【知らなきゃ損】脂性皮膚炎の症状であるフケ、頭皮の赤み、痒みは放っておくと大変なことになります。効果的な成分を配合したシャンプーをランキングでご紹介!

癜風(でんぷう)と脂漏性皮膚炎とは少々異なる!?その違いとは?

読了までの目安時間:約 6分

癜風と脂漏性皮膚炎の症状は似ているようで少々意味合いが異なります。

 

どちらも癜風菌(通称マラセチア菌)が原因によって起こる症状であり、

頭皮などに起こりやすいとされているのは全く同じですが、

その症状に違いがあるため今回ご紹介していきます。

 

 

 

癜風は感染症

 

癜風はマラセチア菌によって引き起こされる真菌症(つまり皮膚の感染症)となります。

 

 

これは水虫なんかをイメージしてもらえるとわかりやすいと思いますが、

菌が繁殖し、それに皮膚内に侵入することによって引き起こされると言われています。

 

癜風はこれと原理は全く同じであり、

マラセチア菌が皮膚の中に侵入してきたことによって引き起こされるのが癜風です。

 

感染症には発熱を始めとした、さまざまな症状を伴うことはご存知だとは思いますが、

その症状は脂漏性皮膚炎とは全く異なります。

 

 

脂漏性皮膚炎は皮膚の炎症

 

 

これに対して脂漏性皮膚炎は、感染症というわけではなく、単純に皮膚の炎症です。

 

まずマラセチア菌の特徴として、酸を放出するというものがあります。

 

酸と言えば多くの方がイメージできると思いますが、物質を溶かしてしまいますよね?

 

私達の場合は、皮膚に降り注ぐことによって炎症、乾燥などの症状が起こるものであり、

主に頭皮に起こりやすいと言われています。

 

頭皮に酸が降ることで炎症を引き起こしてしまいます。

 

また、かゆみなどの症状を伴ってきます。

 

 

以上がそれぞれの違いになりますが、

結局の原因はマラセチア菌の繁殖であり、この菌の繁殖を防ぐことが重要と言われています。

 

 

マラセチア菌が繁殖する経緯

 

マラセチア菌は主に皮膚の細胞が集中しがちで、抵抗力が弱いとされている、

頭皮や顔などによく見られています。

 

このマラセチア菌の繁殖の原因の一つに、皮脂の過剰分泌があります。

 

 

皮脂は私達の皮膚の表面に付着している、いわゆる脂分なのですが、

何らかの原因により、皮脂が過剰に分泌されてしまった場合、

マラセチア菌が増殖してしまいます。

 

マラセチア菌はこの皮脂を栄養として育ちますので、

皮脂の過剰分泌を抑えることが何よりも重要と言えるでしょう。

 

マラセチア菌繁殖の原因とは?

 

マラセチア菌の繁殖を防ぐために重要なもの。

 

それは血流を良くすることです。

 

 

実は先ほどの皮脂が過剰に分泌されてしまう原因は、

血流が悪くなっていることで、皮膚が以上を察知し、

皮脂を過剰に分泌することで、皮膚を守ろうとする体の仕組みによるものです。

 

血流が悪くなる原因はさまざまあると言われていますが、

ストレス、加齢、不規則な食事、睡眠不足など、その原因は多数あると言われています。

 

これらの生活を見直していくことはもちろん重要なのですが、

それと同時に血流を良くすることも考えていく必要があります。

 

アミノ酸と症状を抑える成分

 

では、マラセチア菌の繁殖を抑えるためには、血流を改善する必要がありますが、

そのために必要と言われているのがアミノ酸です。

 

 

アミノ酸は私達のエネルギーとなる成分であり、

血流を良くし、エネルギーになるという重要な役割を果たしています。

 

例えばこのアミノ酸を活用したもので最も有名なものは、精力剤などがあります。

 

精力剤はedの治療に使用されているものですが、アミノ酸を多量に含んでおり、

血流を改善することで体全体の健康を回復し、

結果的にedの治療を行うというコンセプトになっています。

 

これと原理は同じなのですが、直接アミノ酸を頭皮などに含ませることで、

よりその効果を実感しやすくすることができます。

 

実は最近のシャンプーなどは、アミノ酸を含んだものも多数販売されているため、

アミノ酸を含んだシャンプーを選択肢に入れておくのも良いでしょう。

 

 

アミノ酸を含んだシャンプーのおすすめランキングはこちら

癜風って何?脂漏性皮膚炎との関連性は?

読了までの目安時間:約 6分

癜風(でんぷう)菌と呼ばれる菌をご存知でしょうか?

 

 

これは別名マラセチア菌と呼ばれるものであり、皮膚の表面に付着するいわゆるカビです。

 

実はこれが脂漏性皮膚炎と大きく関連し、フケ、かゆみの原因となっています。

 

これが繁殖することで痒みを生じ、脂漏性皮膚炎を伴ってしまう可能性があります。

 

 

どうして菌が繁殖するのか?

 

 

まずこの癜風が繁殖してしまう原因の一つに「皮脂を栄養としている」というものがあります。

 

通常の皮膚であれば、皮脂が一定のレベルしか分泌されませんので、

癜風菌が過剰に繁殖するということはありません。

 

ですが、皮脂が通常よりも過剰に分泌されてしまっていたらどうなるのか・・・?

 

もうわかりますよね??

 

皮脂を栄養にしている以上、菌が繁殖しやすくなってしまうのです。

 

ではなぜこの癜風菌が繁殖することでかゆみを伴ってしまうのでしょうか?

 

その答えは癜風菌が酸を放出してしまうという点にあります。

 

酸と言えばなんとなくイメージがつく方もいると思いますが、

皮膚を溶かしてしまい、炎症を起こしてしまうという症状につながってしまいます。

 

大きな原因はこれです。

 

まとめると

 

  • 皮脂が過剰に分泌されることにより、それを栄養価とする癜風菌(マラセチア菌)が繁殖する。
  • 癜風菌は酸を放出するという特徴があり、それによって皮膚が炎症を起こしやすくなってしまう。

 

ということになります。

 

では、皮脂が過剰に分泌されるのはなぜでしょうか?

 

 

皮脂の役割と脂漏性皮膚炎

 

 

皮脂は私達の皮膚を守るために重要な役割を果たしています。

 

紫外線から肌を守ったり、肌の水分が園に逃げていかないようにしたりなど、

さまざまな役割を担ってくれています。

 

基本的に皮脂は一定のレベルでしか分泌されないものですが、

実は過剰に分泌されてしまう条件があります。

 

それは血行不良などの原因により、皮膚に十分な栄養が行き渡りにくくなっている状態です。

 

 

脂漏性皮膚炎の症状が出やすい頭皮に照らし合わせて考えてみると・・・。

 

まず頭皮に十分な栄養がいきわたりにくくなってしまった場合は、

頭皮の水分が不足したり、皮膚が痛みやすくなったりといった症状が伴います。

 

そうなると私達の体の仕組み上、頭皮を守るために体から余分に皮脂を分泌するという

働きを行うことになります。

 

余計なことを・・・なんて考えてしまう方もいるかもしれませんが、

これは人間の体の仕組み上の話ですので正直なところどうにもなりません(笑)

 

そして皮膚を守るために皮脂を過剰に分泌する事によって、

さきほどご紹介したとおり癜風菌が増殖しやすくなってしまうわけです。

 

身も蓋もない言い方をしてしまうと、

肌を守るために皮脂を多く分泌したはずが、かえって皮膚の炎症を引き起こしてしまった

ということですね。

 

こればかりは人間の体の仕組みである以上はどうにもならないでしょう。

 

そこでおすすめするのが頭皮の血行不良を解消し、

脂漏性皮膚炎の大本の原因である頭皮の血行不良や水分、栄養不足を解消する

という方法になります。

 

もちろん日常生活の見直し(タバコ、飲酒、食生活、睡眠不足)によっても

ある程度改善されていくことは間違いないのですが、

それと合わせて、頭皮に余分な皮脂を落とし、

皮膚を正常に保ちながら血行不良を解消していく。

 

つまり、「そのための成分を多量に含んでいる育毛シャンプーを使用」ということになります。

 

育毛シャンプーと言われればなんとなくイメージが悪いかもしれませんが、

ここで忘れてはいけないのが、

 

「脂漏性皮膚炎を放っておいた場合、頭皮を損傷し、抜け毛の症状につながる」

 

という点です。

 

 

つまり、その前段階として育毛シャンプーを使用しておくことで脂漏性皮膚炎はもちろん、

抜け毛、多量のフケの予防につながるでしょう。

 

育毛剤と違って価格もそれほど高くないため、

まずは最初にこちらを試してみると良いでしょう。

 

 

育毛シャンプーランキングへ

当サイトおすすめ!

【CHAP UP】

価格、成分量共に文句なし!

頭皮の痒み、フケの解消はコレ!

button_001

カテゴリー
ランキング参加中

あなたのクリックが励みになります!

↓↓↓