脂漏皮膚炎の症状,頭皮の乾燥,シャンプー

【必見】脂漏性皮膚炎の症状にはこれ!頭皮の乾燥対策シャンプーがおすすめ!

【知らなきゃ損】脂性皮膚炎の症状であるフケ、頭皮の赤み、痒みは放っておくと大変なことになります。効果的な成分を配合したシャンプーをランキングでご紹介!

頭皮がかゆい・・・それってマラセチア菌かも。放っておくと・・・

読了までの目安時間:約 6分

頭皮の痒みがひどい・・・。

知らないうちに頭を掻いている・・・。

 

こんな症状に心当たりがありませんか?

 

 

これは乾燥などの可能性もあるかもしれませんが、

あまりにひどい場合は、マラセチア菌の繁殖を疑ったほうが良いかもしれません。

 

これは頭皮や顔などによく繁殖されるという菌であり、

放っておくと毛根が大ダメージを受ける可能性があるためです。

 

 

というのも、想像がつくかもしれませんが、

毛根がダメージを受けるとどうなるのか?

 

言うまでもなく、ハゲ、薄毛といった症状につながってしまうためです。

 

もしあなたが以下の症状に心あたりがあるようであれば、

頭皮の状態が健康とは言えません。

 

  • 清潔にしているのにフケが異常に多い気がする
  • 知らないうちに頭を掻いている
  • 頭皮が赤くなっている
  • 髪の毛がぱさつきやすくなている

 

こんな症状を感じているのであれば、頭皮のダメージが大きくなっている可能性があります。

 

 

まずフケが多いことに関してですが、これは頭皮が乾燥していることによって起こります。

 

 

マラセチア菌の特徴として、酸を放出するというものがあります。

 

つまり、マラセチア菌が多量に繁殖するということは、

酸が多量に頭皮にかかってしまうということであり、

これによって頭皮が傷んでしまい炎症を引き起こします。

 

炎症が起こった頭皮の表面に付着している皮脂と呼ばれる脂分が乾燥してしまい、

フケとなって落ちていきます。

 

これがフケが異常に多い原因です。

 

次に頭を掻いていることについてですが、これも原理は全く同じであり、

マラセチア菌による酸が頭皮にかかり、炎症を起こしてしまうということは、

かゆみを引き起こしてしまいます。

 

症状はそんなに重くないと言われていますが、

実はこれを放っておいたことで、かゆみが悪化し、眠れない、

瘡蓋になるまで掻いてしまうという報告もあります。

 

 

私はこの症状に気付かずにお酒を飲んでいたら、

朝になったら掻きすぎて血が出ていました。

 

この鈍感具合にはほとほと呆れてしまいますが、

このような症状を伴ってしまうようです。

 

私はこの時点でようやく気づきましたが。

 

ちなみに頭皮が赤みを帯びているのも同じ症状です。

 

炎症を起こしているということは、皮膚が赤くなる。

 

こんな経験をしたことがある人は多いと思いますが、

頭皮が赤くなっているのはまさにこの症状と同様の例と言えるでしょう。

 

最後に髪がぱさつきやすくなっていること。

 

 

これはマラセチア菌とは少し違いますが、

頭皮に十分な栄養がいきわたっていないことが原因です。

 

髪の毛は毛根から栄養を受けているというのはご存知かもしれませんが、

血流が悪くなることによって、頭皮に十分な栄養が生きにくくなり、

結果的に髪そのものもダメージを受けてしまうようです。

 

 


 

 

以上がマラセチア菌の繁殖による影響になります。

 

では、どうしてマラセチア菌が繁殖してしまうのでしょうか?

 

実は先程の血流悪化が大本の原因と言われています。

 

 

血流が悪化してしまうと、私たちは頭皮に皮脂を過剰分泌します。

 

これはもちろん皮脂によって頭皮の細胞を守るためと言われており、

言わば防御本能の一種です。

 

これを行うことで本来は頭皮が守られるはずなのですが、

マラセチア菌はこの皮脂を栄養として繁殖するという特徴があり、

かえって菌の繁殖を助けてしまう結果になってしまいます。

 

ですので、結果的に繁殖を助けてしまった・・・ということであり、

なんとも皮肉な話になりますね。

 

では、この皮脂の過剰分泌を防ぐにはどうすればよいのか?

 

それは育毛シャンプーの使用です。

 

 

育毛シャンプーは頭皮の血流を良くしてくれるアミノ酸、

炎症を抑えて、かゆみを緩和してくれる生薬、

そして頭皮に保湿成分を流し、フケ、かゆみなどの症状を抑える生薬

 

こういった成分が使用されており、しかも価格もリーズナブルであるため、

まずは試してみたい!という方にうってつけと言えるでしょう。

 

 

育毛シャンプーのおすすめランキングはこちら

脂漏性皮膚炎とアルコール。実は非常に相性が悪い!?

読了までの目安時間:約 5分

脂漏性皮膚炎は頭皮や顔など、皮脂が多い部分に比較的発生しやすい病気です。

 

これは皮脂が過剰に分泌されることで、皮脂を栄養とするカビが多量に繁殖してしまい、

頭皮に酸を放出し、その結果皮膚が痛みやすくなり、炎症を起こしてしまうという症状になります。

 

 

また、酸が降りかかることになりますので、

イメージがつく方もいるかもしれませんが痒みを伴います。

 

実はこの痒みがネックであり、ひどいときには寝れなくなることもあるようです。

 

私はそれでも気づかずに寝ていましたが。

 

少し人よりも感覚が鈍いのかもしれませんね。

 

さて、少し話がそれてしまいましたが、

実は脂漏性皮膚炎はその性質上、

炎症を起こし、痒み、フケといった症状を伴います。

 

そしてこれらの症状、特に痒みに関しては、

アルコールと非常に相性が悪いです。

 

つまり、痒みがよりひどくなってしまうということになります。

 

 

私自身、脂漏性皮膚炎と気づかずに普通に生活していた頃のことです。

 

私は晩酌が趣味であり、週末はよくお酒を飲みます。

 

これは男性の方ならなんとなくイメージできるかもしれませんが、

仕事が終わってお酒を飲みながら映画を見たり、ゆったりしたりと。

 

本当に至福の時なんですよね。

 

 

これが楽しみで仕事をしているという(笑)

 

まあ他にも趣味はありますが、少なくとも週末の晩酌が至福のひとときで

あることは間違いありません。

 

さて、話を戻しますが、脂漏性皮膚炎と気付かずに

アルコールを多量に飲んだことも結構ありましたが、

実は大変な事になってしまうようです。

 

知らず知らずのうちに痒くなってきて、血が出るくらい頭を掻いていたようです。

 

 

翌日目が冷めたら血が出ていた・・・なんてことも結構ありました。

 

まあこの時点で気づけばよかったのですが、鈍いんでしょうね。

 

そのまま2周間以上は放っておいたと思います。

 

気づけば頭皮が瘡蓋だらけになっていました。

 

普段であれば少し頭を掻く程度だったのですが、お酒を飲んでしまうと、

痒みが倍増してしまうようですね。

 

しかも私の場合、結構ベロンベロンになるまで飲んでしまうタイプなので、

自分で頭を掻いていることに気づかなかったようです。

 

私自身がこのような経験をしたからこそ分かります。

 

脂漏性皮膚炎のような、

痒みが伴う病気の時にアルコールは非常に相性が悪いです。

 

 

痒みが本当に倍増してしまいます。

 

先程瘡蓋ができていたとお話しましたが、よくよく思い出してみれば、

お酒を飲んだときの後が多かったような気がします。

 

逆に言えば、この症状があったからこそ

脂漏性皮膚炎とようやく気づいたわけですが。

 

さて、私と同じように、

週末、もしくは普段から晩酌をしている人は多いと思います。

 

ですが、脂漏性皮膚炎のように痒みが伴うような病状の場合、

アルコールはその痒みが倍増してしまうため注意が必要です。

 

 

脂漏性皮膚炎は皮脂の過剰分泌によって起こるもの!?

読了までの目安時間:約 2分

脂漏性皮膚炎は頭皮を守るために、

皮脂を過剰に分泌することによって起こる症状と言われています。

 

もちろん皮脂がただ多くなるだけでは、

そこまで大ダメージになるというのは考えにくいのですが、

問題なのは、皮脂の過剰分泌によって繁殖していく菌が存在するということです。

 

それは、マラセチア菌と呼ばれる菌です。

 

 

マラセチア菌はカビとも言われていますが、

これは皮脂を栄養として急激に繁殖していくという特徴があり、

脂肪酸と呼ばれる酸を放出するため、これが頭皮が痒くなる原因と言われています。

 

酸が強いものを頭皮に浴びた場合・・・。

 

どうなるかはなんとなくイメージできますよね?

 

とにかく頭が痒くなり、掻くことで頭皮がダメージを受けてしまいます。

 

 

また、皮脂が多くなることによって起こる症状。

 

それはフケです。

 

フケは皮脂がこぼれ落ちるものであり、皮脂が過剰に分泌されてしまった場合、

フケが多量に落ちてしまいます。

 

フケが多い人って、病気とは言え、やはり清潔感がないイメージが定着してしまいますよね?

 

ですので、脂漏性皮膚炎の症状の疑いがある場合は、

早急に対策をしておくのが望ましいでしょう。

 

 

脂漏性皮膚炎って伝染るの?いいえ、そんなことはありません。

読了までの目安時間:約 2分

脂漏性皮膚炎って伝染るかも・・・。

 

 

そのように考えているのであれば心配は不要です。

 

そもそも脂漏性皮膚炎は伝染病ではありませんので、

人に伝染るということはありません。

 

そもそも脂漏性皮膚炎は、

自分の頭皮や顔の皮脂が摩擦を起こしていることで起こる症状であり、

原因となるのはその人自身です。

 

よって、自分が原因で自分だけに症状が起きるものですので、

どうぞご安心ください。

 

とは言え、頭皮が炎症を起こしているということでもありまるので、

人に伝染らないからといって安心という訳にはいきません。

 

 

脂漏性皮膚炎の症状が進行していった場合は、

頭皮や顔の皮膚が炎症を起こし、赤くなったり、抜け毛につながるためです。

 

頭皮が炎症を起こしてしまえば乾燥し、

頭皮に含まれている皮脂がフケとなって多量に落ちてきますし、

それに伴って痒みなどの症状も伴います。

※かゆみのほうがウェイトが大きいのですが、人によっては痛みを伴う方もいるようです。

 

こうなると無意識のうちに頭を掻くクセがついてしまい、

毛母細胞がダメージを負いますので、最終的に抜け毛につながっていきます。

 

よって、脂漏性皮膚炎は人に伝染らないからと言って安心せず、

早めに対処しておくことをおすすめします。

 

 

当サイトおすすめ!

【CHAP UP】

価格、成分量共に文句なし!

頭皮の痒み、フケの解消はコレ!

button_001

カテゴリー
ランキング参加中

あなたのクリックが励みになります!

↓↓↓