脂漏皮膚炎の症状,頭皮の乾燥,シャンプー

【必見】脂漏性皮膚炎の症状にはこれ!頭皮の乾燥対策シャンプーがおすすめ!

【知らなきゃ損】脂性皮膚炎の症状であるフケ、頭皮の赤み、痒みは放っておくと大変なことになります。効果的な成分を配合したシャンプーをランキングでご紹介!

脂漏性皮膚炎とアルコール。実は非常に相性が悪い!?

読了までの目安時間:約 5分

脂漏性皮膚炎は頭皮や顔など、皮脂が多い部分に比較的発生しやすい病気です。

 

これは皮脂が過剰に分泌されることで、皮脂を栄養とするカビが多量に繁殖してしまい、

頭皮に酸を放出し、その結果皮膚が痛みやすくなり、炎症を起こしてしまうという症状になります。

 

 

また、酸が降りかかることになりますので、

イメージがつく方もいるかもしれませんが痒みを伴います。

 

実はこの痒みがネックであり、ひどいときには寝れなくなることもあるようです。

 

私はそれでも気づかずに寝ていましたが。

 

少し人よりも感覚が鈍いのかもしれませんね。

 

さて、少し話がそれてしまいましたが、

実は脂漏性皮膚炎はその性質上、

炎症を起こし、痒み、フケといった症状を伴います。

 

そしてこれらの症状、特に痒みに関しては、

アルコールと非常に相性が悪いです。

 

つまり、痒みがよりひどくなってしまうということになります。

 

 

私自身、脂漏性皮膚炎と気づかずに普通に生活していた頃のことです。

 

私は晩酌が趣味であり、週末はよくお酒を飲みます。

 

これは男性の方ならなんとなくイメージできるかもしれませんが、

仕事が終わってお酒を飲みながら映画を見たり、ゆったりしたりと。

 

本当に至福の時なんですよね。

 

 

これが楽しみで仕事をしているという(笑)

 

まあ他にも趣味はありますが、少なくとも週末の晩酌が至福のひとときで

あることは間違いありません。

 

さて、話を戻しますが、脂漏性皮膚炎と気付かずに

アルコールを多量に飲んだことも結構ありましたが、

実は大変な事になってしまうようです。

 

知らず知らずのうちに痒くなってきて、血が出るくらい頭を掻いていたようです。

 

 

翌日目が冷めたら血が出ていた・・・なんてことも結構ありました。

 

まあこの時点で気づけばよかったのですが、鈍いんでしょうね。

 

そのまま2周間以上は放っておいたと思います。

 

気づけば頭皮が瘡蓋だらけになっていました。

 

普段であれば少し頭を掻く程度だったのですが、お酒を飲んでしまうと、

痒みが倍増してしまうようですね。

 

しかも私の場合、結構ベロンベロンになるまで飲んでしまうタイプなので、

自分で頭を掻いていることに気づかなかったようです。

 

私自身がこのような経験をしたからこそ分かります。

 

脂漏性皮膚炎のような、

痒みが伴う病気の時にアルコールは非常に相性が悪いです。

 

 

痒みが本当に倍増してしまいます。

 

先程瘡蓋ができていたとお話しましたが、よくよく思い出してみれば、

お酒を飲んだときの後が多かったような気がします。

 

逆に言えば、この症状があったからこそ

脂漏性皮膚炎とようやく気づいたわけですが。

 

さて、私と同じように、

週末、もしくは普段から晩酌をしている人は多いと思います。

 

ですが、脂漏性皮膚炎のように痒みが伴うような病状の場合、

アルコールはその痒みが倍増してしまうため注意が必要です。

 

 

当サイトおすすめ!

【CHAP UP】

価格、成分量共に文句なし!

頭皮の痒み、フケの解消はコレ!

button_001

カテゴリー
ランキング参加中

あなたのクリックが励みになります!

↓↓↓