脂漏皮膚炎の症状,頭皮の乾燥,シャンプー

【必見】脂漏性皮膚炎の症状にはこれ!頭皮の乾燥対策シャンプーがおすすめ!

【知らなきゃ損】脂性皮膚炎の症状であるフケ、頭皮の赤み、痒みは放っておくと大変なことになります。効果的な成分を配合したシャンプーをランキングでご紹介!

頭皮がかゆい・・・それってマラセチア菌かも。放っておくと・・・

読了までの目安時間:約 6分

頭皮の痒みがひどい・・・。

知らないうちに頭を掻いている・・・。

 

こんな症状に心当たりがありませんか?

 

 

これは乾燥などの可能性もあるかもしれませんが、

あまりにひどい場合は、マラセチア菌の繁殖を疑ったほうが良いかもしれません。

 

これは頭皮や顔などによく繁殖されるという菌であり、

放っておくと毛根が大ダメージを受ける可能性があるためです。

 

 

というのも、想像がつくかもしれませんが、

毛根がダメージを受けるとどうなるのか?

 

言うまでもなく、ハゲ、薄毛といった症状につながってしまうためです。

 

もしあなたが以下の症状に心あたりがあるようであれば、

頭皮の状態が健康とは言えません。

 

  • 清潔にしているのにフケが異常に多い気がする
  • 知らないうちに頭を掻いている
  • 頭皮が赤くなっている
  • 髪の毛がぱさつきやすくなている

 

こんな症状を感じているのであれば、頭皮のダメージが大きくなっている可能性があります。

 

 

まずフケが多いことに関してですが、これは頭皮が乾燥していることによって起こります。

 

 

マラセチア菌の特徴として、酸を放出するというものがあります。

 

つまり、マラセチア菌が多量に繁殖するということは、

酸が多量に頭皮にかかってしまうということであり、

これによって頭皮が傷んでしまい炎症を引き起こします。

 

炎症が起こった頭皮の表面に付着している皮脂と呼ばれる脂分が乾燥してしまい、

フケとなって落ちていきます。

 

これがフケが異常に多い原因です。

 

次に頭を掻いていることについてですが、これも原理は全く同じであり、

マラセチア菌による酸が頭皮にかかり、炎症を起こしてしまうということは、

かゆみを引き起こしてしまいます。

 

症状はそんなに重くないと言われていますが、

実はこれを放っておいたことで、かゆみが悪化し、眠れない、

瘡蓋になるまで掻いてしまうという報告もあります。

 

 

私はこの症状に気付かずにお酒を飲んでいたら、

朝になったら掻きすぎて血が出ていました。

 

この鈍感具合にはほとほと呆れてしまいますが、

このような症状を伴ってしまうようです。

 

私はこの時点でようやく気づきましたが。

 

ちなみに頭皮が赤みを帯びているのも同じ症状です。

 

炎症を起こしているということは、皮膚が赤くなる。

 

こんな経験をしたことがある人は多いと思いますが、

頭皮が赤くなっているのはまさにこの症状と同様の例と言えるでしょう。

 

最後に髪がぱさつきやすくなっていること。

 

 

これはマラセチア菌とは少し違いますが、

頭皮に十分な栄養がいきわたっていないことが原因です。

 

髪の毛は毛根から栄養を受けているというのはご存知かもしれませんが、

血流が悪くなることによって、頭皮に十分な栄養が生きにくくなり、

結果的に髪そのものもダメージを受けてしまうようです。

 

 


 

 

以上がマラセチア菌の繁殖による影響になります。

 

では、どうしてマラセチア菌が繁殖してしまうのでしょうか?

 

実は先程の血流悪化が大本の原因と言われています。

 

 

血流が悪化してしまうと、私たちは頭皮に皮脂を過剰分泌します。

 

これはもちろん皮脂によって頭皮の細胞を守るためと言われており、

言わば防御本能の一種です。

 

これを行うことで本来は頭皮が守られるはずなのですが、

マラセチア菌はこの皮脂を栄養として繁殖するという特徴があり、

かえって菌の繁殖を助けてしまう結果になってしまいます。

 

ですので、結果的に繁殖を助けてしまった・・・ということであり、

なんとも皮肉な話になりますね。

 

では、この皮脂の過剰分泌を防ぐにはどうすればよいのか?

 

それは育毛シャンプーの使用です。

 

 

育毛シャンプーは頭皮の血流を良くしてくれるアミノ酸、

炎症を抑えて、かゆみを緩和してくれる生薬、

そして頭皮に保湿成分を流し、フケ、かゆみなどの症状を抑える生薬

 

こういった成分が使用されており、しかも価格もリーズナブルであるため、

まずは試してみたい!という方にうってつけと言えるでしょう。

 

 

育毛シャンプーのおすすめランキングはこちら

癜風(でんぷう)と脂漏性皮膚炎とは少々異なる!?その違いとは?

読了までの目安時間:約 6分

癜風と脂漏性皮膚炎の症状は似ているようで少々意味合いが異なります。

 

どちらも癜風菌(通称マラセチア菌)が原因によって起こる症状であり、

頭皮などに起こりやすいとされているのは全く同じですが、

その症状に違いがあるため今回ご紹介していきます。

 

 

 

癜風は感染症

 

癜風はマラセチア菌によって引き起こされる真菌症(つまり皮膚の感染症)となります。

 

 

これは水虫なんかをイメージしてもらえるとわかりやすいと思いますが、

菌が繁殖し、それに皮膚内に侵入することによって引き起こされると言われています。

 

癜風はこれと原理は全く同じであり、

マラセチア菌が皮膚の中に侵入してきたことによって引き起こされるのが癜風です。

 

感染症には発熱を始めとした、さまざまな症状を伴うことはご存知だとは思いますが、

その症状は脂漏性皮膚炎とは全く異なります。

 

 

脂漏性皮膚炎は皮膚の炎症

 

 

これに対して脂漏性皮膚炎は、感染症というわけではなく、単純に皮膚の炎症です。

 

まずマラセチア菌の特徴として、酸を放出するというものがあります。

 

酸と言えば多くの方がイメージできると思いますが、物質を溶かしてしまいますよね?

 

私達の場合は、皮膚に降り注ぐことによって炎症、乾燥などの症状が起こるものであり、

主に頭皮に起こりやすいと言われています。

 

頭皮に酸が降ることで炎症を引き起こしてしまいます。

 

また、かゆみなどの症状を伴ってきます。

 

 

以上がそれぞれの違いになりますが、

結局の原因はマラセチア菌の繁殖であり、この菌の繁殖を防ぐことが重要と言われています。

 

 

マラセチア菌が繁殖する経緯

 

マラセチア菌は主に皮膚の細胞が集中しがちで、抵抗力が弱いとされている、

頭皮や顔などによく見られています。

 

このマラセチア菌の繁殖の原因の一つに、皮脂の過剰分泌があります。

 

 

皮脂は私達の皮膚の表面に付着している、いわゆる脂分なのですが、

何らかの原因により、皮脂が過剰に分泌されてしまった場合、

マラセチア菌が増殖してしまいます。

 

マラセチア菌はこの皮脂を栄養として育ちますので、

皮脂の過剰分泌を抑えることが何よりも重要と言えるでしょう。

 

マラセチア菌繁殖の原因とは?

 

マラセチア菌の繁殖を防ぐために重要なもの。

 

それは血流を良くすることです。

 

 

実は先ほどの皮脂が過剰に分泌されてしまう原因は、

血流が悪くなっていることで、皮膚が以上を察知し、

皮脂を過剰に分泌することで、皮膚を守ろうとする体の仕組みによるものです。

 

血流が悪くなる原因はさまざまあると言われていますが、

ストレス、加齢、不規則な食事、睡眠不足など、その原因は多数あると言われています。

 

これらの生活を見直していくことはもちろん重要なのですが、

それと同時に血流を良くすることも考えていく必要があります。

 

アミノ酸と症状を抑える成分

 

では、マラセチア菌の繁殖を抑えるためには、血流を改善する必要がありますが、

そのために必要と言われているのがアミノ酸です。

 

 

アミノ酸は私達のエネルギーとなる成分であり、

血流を良くし、エネルギーになるという重要な役割を果たしています。

 

例えばこのアミノ酸を活用したもので最も有名なものは、精力剤などがあります。

 

精力剤はedの治療に使用されているものですが、アミノ酸を多量に含んでおり、

血流を改善することで体全体の健康を回復し、

結果的にedの治療を行うというコンセプトになっています。

 

これと原理は同じなのですが、直接アミノ酸を頭皮などに含ませることで、

よりその効果を実感しやすくすることができます。

 

実は最近のシャンプーなどは、アミノ酸を含んだものも多数販売されているため、

アミノ酸を含んだシャンプーを選択肢に入れておくのも良いでしょう。

 

 

アミノ酸を含んだシャンプーのおすすめランキングはこちら

皮膚のカビ!?それはマラセチア菌の可能性があります。

読了までの目安時間:約 7分
  • 頭皮が痒みを帯びている・・・
  • 頭皮が赤い・・・
  • 頭皮から出るフケがすごい・・・

 

 

この症状、放っておくと大変なことになります。

 

 

というのも、これらの症状は、皮膚にマラセチア菌と呼ばれる

カビが繁殖している可能性があるためです。

 

マラセチア菌は酸を放出するという特徴があるカビであり、

頭皮に酸が降り注ぐという事態になっているかもしれません。

 

 

酸と言えばあなたもご存知かもしれませんが、物質を溶かしたりしますよね?

 

これが皮膚の場合はどうなってしまうのか?

 

もちろん頭皮の細胞が傷んでしまい、炎症を引き起こしてしまいます。

 

これだけで済めばまだ良いのですが、炎症を起こしてしまった頭皮は、

保湿成分が少なくなり、乾燥しやすくなってきます。

 

頭皮だけ水分が少なくなってしまうのです。

 

これがフケの原因と言われています。

 

 

フケが落ちる仕組み

 

私達の皮膚には、皮脂と呼ばれる脂分が表面に付着しており、

これによって外気や紫外線などから肌を守ってくれています。

 

 

ですが、この皮脂が先程の乾燥によって固形化してしまい、

頭皮から落ちてきてしまうのです。

 

これがいわゆるフケであり、

1つ1つが非常に目立つぐらい大きいのが特徴です。

 

例えばあなたの周りにも一人ぐらい入るかもしれませんが、

清潔そうに見えるのにフケが何故か多い人っていませんか?

 

あるいはここを見ているということは、

あなた自身がそのような症状に悩まされているのではないでしょうか?

 

フケの原因は頭皮の乾燥ということになり、

その大本の原因が皮膚のカビであるマラセチア菌の可能性が高いです。

 

 

それに見た目という点でもフケは気になってしまいますよね?

 

このような症状に心あたりがあるようであれば、

早めに対処しておくことをおすすめします。

 

頭皮が痒くなってくる

 

最初にお伝えしたとおり、マラセチア菌の繁殖により、

頭皮が炎症を起こしてしまいますが、酸が放出されることによる厄介な症状。

 

それはかゆみになります。

 

 

これは私自身が身を持って体験しているため、すぐに分かりますが、

マラセチア菌の酸が頭皮に降りかかることにより、

強いかゆみの症状を伴ってしまいます。

 

症状がひどい人は、掻きすぎてかさぶたになってしまったり、

かゆみで寝られなくなってくることもあるのだそうです。

 

これもマラセチア菌の厄介な症状の一つと言って良いでしょう。

 

 

マラセチア菌が繁殖しにくい頭皮を作る

 

であれば、頭皮のカビであるマラセチア菌の繁殖を防ぐことが

対処に繋がるということになりますが、

そもそもこのマラセチア菌はどうして繁殖してしまうのでしょうか?

 

 

それはあなた自身の健康状態になります。

 

正確に言えば頭皮の健康状態ということでしょうか。

 

まずこの症状の根本には、血行不良によって、

頭皮にうまく栄養素が行き渡っていないということが挙げられます。

 

あなた自身ももしかしたら心あたりがあるかもしれませんね。

 

ストレス、偏った食事、睡眠不足、タバコ、年齢によるものなど、

血行不良が起こる原因はさまざまですが、

最終的に血行不良を引き起こしてしまうのです。

 

繰り返しになりますが、血行不良が続いた場合は

もちろん頭皮に十分な栄養が行き渡りにくくなります。

 

こうなった場合、私達の体が警告信号を発することで

頭皮から過剰に皮脂が分泌されてしまいます。

 

 

もちろん異常な活動というわけではなく、頭皮や皮膚を守るために、

過剰に皮脂を分泌してしまいます。

 

実は何度かご紹介してきているマラセチア菌。

 

この皮脂を栄養にして繁殖すると言われています。

 

ですので、頭皮を守るために皮脂を過剰に分泌しているつもりが、

返って菌の繁殖スピードを早めてしまったというなんとも皮肉な結果です。

 

いかがでしょうか?

 

これがマラセチア菌繁殖の原因となります。

 

もしあなたが痒み、フケ、頭皮の赤みなどの症状に少しでも心あたりがあるのであれば、

早めに対処しておくのが望ましいでしょう。

 

 

マラセチア菌に効果あり!頭皮ケアシャンプーランキングへ!

脂漏性皮膚炎は皮脂の過剰分泌によって起こるもの!?

読了までの目安時間:約 2分

脂漏性皮膚炎は頭皮を守るために、

皮脂を過剰に分泌することによって起こる症状と言われています。

 

もちろん皮脂がただ多くなるだけでは、

そこまで大ダメージになるというのは考えにくいのですが、

問題なのは、皮脂の過剰分泌によって繁殖していく菌が存在するということです。

 

それは、マラセチア菌と呼ばれる菌です。

 

 

マラセチア菌はカビとも言われていますが、

これは皮脂を栄養として急激に繁殖していくという特徴があり、

脂肪酸と呼ばれる酸を放出するため、これが頭皮が痒くなる原因と言われています。

 

酸が強いものを頭皮に浴びた場合・・・。

 

どうなるかはなんとなくイメージできますよね?

 

とにかく頭が痒くなり、掻くことで頭皮がダメージを受けてしまいます。

 

 

また、皮脂が多くなることによって起こる症状。

 

それはフケです。

 

フケは皮脂がこぼれ落ちるものであり、皮脂が過剰に分泌されてしまった場合、

フケが多量に落ちてしまいます。

 

フケが多い人って、病気とは言え、やはり清潔感がないイメージが定着してしまいますよね?

 

ですので、脂漏性皮膚炎の症状の疑いがある場合は、

早急に対策をしておくのが望ましいでしょう。

 

 

脂漏性皮膚炎はマラセチア菌に繁殖によって起こる!?

読了までの目安時間:約 2分

脂漏性皮膚炎は、頭皮の表面に付着している、

皮脂(いわゆる脂)が過剰に分泌される事によって起こります。

 

そして、この症状にはマラセチア菌と呼ばれる特殊な菌が関与していると言われています。

 

 

まず、頭皮の皮脂が過剰に分泌される原因は、

ストレス、食生活の乱れ、睡眠不足、タバコなど、さまざまあると言われています。

 

これらは頭皮の皮脂が過剰に分泌される原因になるのですが、

過剰に分泌された場合に、これを栄養とする菌が存在するわけです。

 

それこそがマラセチア菌と呼ばれる特殊な菌です。

 

この菌が増えてくると起こる症状。

 

それは脂肪酸という酸性の成分を頭皮上に過剰に出してしまう・・・

という症状が起こります。

 

 

これはその名の通り酸が強いため、皮膚がダメージを受ける原因になり、

炎症を起こしやすくなります。

 

これが脂漏性皮膚炎の一般的な仕組みと言われています。

 

簡単にまとめると、

 

  • ストレスなどの原因によって、皮脂が過剰に分泌されるようになる
  • 皮脂を栄養としたマラセチア菌が急激に繁殖していく
  • 繁殖した菌は酸を出すため、頭皮がダメージを受けやすくなる

 

といった仕組みであり、これが頭皮が痒くなる原因であり、

放っておくと、痒みがひどくなり、血が出てきたりしますし、

毛根細胞にも影響を与えるため、抜け毛や薄毛などの症状にもつながります。

 

 

 

当サイトおすすめ!

【CHAP UP】

価格、成分量共に文句なし!

頭皮の痒み、フケの解消はコレ!

button_001

カテゴリー
ランキング参加中

あなたのクリックが励みになります!

↓↓↓