脂漏皮膚炎の症状,頭皮の乾燥,シャンプー

【必見】脂漏性皮膚炎の症状にはこれ!頭皮の乾燥対策シャンプーがおすすめ!

【知らなきゃ損】脂性皮膚炎の症状であるフケ、頭皮の赤み、痒みは放っておくと大変なことになります。効果的な成分を配合したシャンプーをランキングでご紹介!

脂漏性皮膚炎はぶり返す!?知っておいたほうが良い原因とは?

読了までの目安時間:約 6分

脂漏性皮膚炎は主に頭皮などにカビが繁殖して起こる皮膚炎です。

 

 

これはマラセチア菌と呼ばれるカビであり、

酸を放出するという特徴を持っていますので、

この酸が原因で皮膚炎を引き起こすと言われています。

 

脂漏性皮膚炎は病院などでステロイドなどの処方でも良いでしょうし、

育毛シャンプーなどでも改善されると言われていますが、

あなた自身の体調によっては再び症状をぶり返してしまいます。

 

では、この再発を防ぐためにはどのような対策をすればいいのか?

について触れていきます。

 

 

脂漏性皮膚炎の仕組み

 

先程ご紹介したとおり、脂漏性皮膚炎は、マラセチア菌とよばれるカビが、

酸を放出することによって起こりますが、

このカビが急激に繁殖してしまう原因があります。

 

それは、皮脂が異常に分泌されてしまった場合です。

 

 

皮脂は私達の皮膚の表面に付着している脂分ですが、

外気や紫外線から皮膚の細胞を守るために重要な役割を持っています。

 

これは私達の体の仕組み上、常に一定のレベルで保たれていますが、

この皮脂が過剰に分泌されてしまった場合に、マラセチア金も急激に増えてしまいます。

 

それはマラセチア菌がこの皮脂を栄養としているためです。

 

ですので、皮脂を過剰に分泌させないように対策をする必要があります。

 

皮脂の過剰分泌の原因

 

皮脂は一定のレベルで保たれていますが、体が異常を察知した場合、

皮脂を過剰に分泌し、皮膚を守ろうとする働きが生まれます。

 

そしてこの異常を察知する大きなポイントは、

血流が悪くなっていることによるものです。

 

 

つまり、血流が悪くなることで皮膚が異常を察知するため、

血流を改善しない限りはまた脂漏性皮膚炎の症状がぶり返されることになります。

 

ですので、一時的に対策を練ることも重要ですが、

やはり大本の原因である血流を改善するのが望ましいでしょう。

 

では、この血流を改善するのに適しているもの。

 

それはアミノ酸配合のシャンプーということになります。

 

 

アミノ酸配合シャンプーのすすめ

 

アミノ酸を配合しているのは主に育毛シャンプーであり、

通常のシャンプーに加えて、その名の通りアミノ酸が豊富に含まれているのが特徴です。

 

 

アミノ酸に関してはご存知の方も多いかもしれませんが、

疲労を回復したり、血流をよくしたり、活動の源になるなど、

私達にとって重要なエネルギーであり、これを活用したシャンプーとなります。

 

脂漏性皮膚炎に最も関連するのは血流を良くするという点であり、

頭皮の血流を良くすることで皮脂の過剰分泌を抑制し、

最終的にマラセチア菌の繁殖を防ぐことができるようになります。

 

もともとアミノ酸はさまざまな健康食品に使用されているため、

なんとなくイメージできるのではないでしょうか?

 

妊活サプリメントや精力サプリメントなどにも使用されています。

 

また、アミノ酸シャンプーをおすすめしているのは、

脂漏性皮膚炎の症状を緩和してくれる生薬が配合されているという点です。

 

 

例えば甘草エキスやセンブリエキスなどがこれに当たります。

 

脂漏性皮膚炎は炎症を引き起こし、乾燥してしまうというデメリットがありますが、

センブリエキスは保湿効果がある生薬であり、

乾燥を防ぎ、頭皮に潤いをもたらしてくれます。

 

また、乾燥することで発生するフケなどの症状を緩和してくれます。

 

次に甘草エキスに関してです。

 

これは炎症を防ぐ効果があるとされており、江戸時代などから活用されてきたものですが、

現在でもその有効性は確認されており、育毛系の商品にはほぼ含まれています。

 

脂漏性皮膚炎によってもたらされる炎症の症状を和らげてくれるでしょう。

 

 

これらの成分を同時に配合しているのがアミノ酸配合シャンプーであり、

脂漏性皮膚炎の症状と非常に相性が良いシャンプーとなります。

 

価格も1ヶ月で3,000円~4,000円とリーズナブルなものが多いため、

まずは一度試してみてはいかがでしょうか?

 

 

脂漏性皮膚炎対策シャンプーランキングはこちら

脂漏性皮膚炎はハゲにつながってしまうの!?放っておくと危険

読了までの目安時間:約 6分

脂漏性皮膚炎は頭、顔などに出やすい皮膚炎です。

 

その原因となるのはマラセチア菌と言われており、

この菌が急激に繁殖することによって脂漏性皮膚炎は起こります。

 

 

放っておくとハゲなどの症状につながってしまうため、

注意が必要であり、できるだけ早い段階で対処しておくのが望ましいでしょう。

 

というのも、このマラセチア菌は酸を放出するという特徴があり、

頭皮の場合は、皮膚上に酸が降り注ぐことになってしまうためです。

 

これが頭皮が炎症を起こす原因になります。

 

酸と言えば予想がつく方も多いかもしれませんが、

頭皮を痛めてしまい、乾燥しやすくなってしまいます。

 

頭皮が乾燥してくることによって、

皮脂と呼ばれる皮膚の表面にある脂分が固形化し、

フケとなって落ちてきます。

 

また、炎症を起こしているため、かゆみなどの症状も出てきます。

 

 

もしあなたが現在頭皮の痒み、フケに悩まされているのであれば、

脂漏性皮膚炎の症状を疑ったほうが良いでしょう。

 

人によっては知らず知らずのうちに頭を掻くクセが付いてしまい、

かさぶた、出血などの症状も伴うようです。

 

 

以上が脂漏性皮膚炎の主な症状になりますが、最初にご紹介したとおり、

これらは頭皮を痛める原因になってしまい、ハゲの症状につながってきます。

 

繰り返しになりますが、早めに対処しておくことをおすすめします。

 

 

では、脂漏性皮膚炎の症状を緩和してくれるものはどのようなものか?

 

それは育毛シャンプーの使用です。

 

 

 

脂漏性皮膚炎はもともと頭皮の血流が悪化していることによって起こるものですので、

対応するためにはまず血流を良くすることから始まります。

 

血流を良くしてくれる成分。

 

それはアミノ酸です。

 

アミノ酸は健康サプリメントなどに多数使用されていますが、

血流を良くすることで疲労を回復したり、活動のエネルギーになったりと、

さまざまな場面で役立つものです。

 

これをシャンプーに配合し、頭皮に流し込むことで血流を良くしてくれます。

 

 

脂漏性皮膚炎に対して相性が良い成分と言えるでしょう。

 

もちろん、育毛シャンプーに含まれているのはアミノ酸だけではありません。

 

有名なものを挙げてみると、センブリエキス、甘草エキスの2つです。

 

これらはほぼすべての育毛剤に含まれているといっても過言ではありません。

 

センブリエキスは保湿効果をもたらしてくれる成分とされており、

乾燥した頭皮に潤いを与え、かゆみ、フケなどの症状を緩和してくれるものです。

 

 

育毛の定番成分と言えるでしょう。

 

甘草エキスは、グリチルリチン酸二カリウムと呼ばれる成分が含まれていますが、

これは抗炎症の効果があると言われており、

江戸時代から活用されていたと言われています。

 

 

脂漏性皮膚炎による炎症を緩和してくれるのに役立ちます。

 

これもセンブリエキスと並んで、育毛の定番成分とされています。

 

アミノ酸、センブリエキス、グリチルリチン酸二カリウムの3つの効果により、

脂漏性皮膚炎の症状を抑えつつ、その原因を取り除き、

元の健康な頭皮を取り戻すことができます。

 

もちろんそれ以外にも昆布エキス、各種ビタミンなどを配合しており、

髪の毛を強くしてくれる成分も含まれているなど、

頭皮のケアに役立つ成分が多数使用されています。

 

価格もリーズナブルなものが多く、殆どのシャンプーが

3,000円~4,000円程度で購入することができますので、

継続しやすいというのもポイントが高いです。

 

この手の商品は継続することを前提に作られていますので、

やはり価格が手頃であることに越したことはありません。

 

成分量が多い育毛剤などもありますが、

基本価格が10,000円以上するものも多く、継続するには厳しい価格設定であるため、

まずは育毛シャンプーを試してみてはいかがでしょうか?

 

 

育毛シャンプーおすすめランキングはこちら

脂漏性皮膚炎によってかさぶたが出来てしまう!?放っておくとまずい!

読了までの目安時間:約 6分

脂漏性皮膚炎はその名の通り皮膚の炎症によって起こる症状です。

 

これは頭皮や顔などの部位に起こりやすいと言われています。

 

放っておくとかゆみなどの症状を伴い、その症状がひどくなってきた場合、

掻きすぎてかさぶたなどが出てしまいます。

 

 

ですので、早めに対処しておくのが望ましいでしょう。

 

顔に関しては化粧水を始めとした

さまざまな商品によって対処をすることが出来ますし、

頭皮と比較した場合そこまで重症になる可能性は低いです。

 

ですが、頭皮の場合、抜け毛や薄毛などの症状につながってしまいますし、

放っておくとかゆくて寝られないなどの報告もあります。

 

では、この脂漏性皮膚炎の仕組みはどういったものなのでしょうか?

 

実はカビによるものだった!?

 

脂漏性皮膚炎はカビの繁殖によって引き起こされる症状と言われています。

 

 

主に関連しているのはマラセチア菌と呼ばれるカビです。

 

これは皮膚に存在するカビの一種ですが、

この菌が急激に繁殖することによって脂漏性皮膚炎は引き起こされると言われています。

 

というのも、このマラセチア菌は酸を放出するという特徴があり、

菌が多量に繁殖している場合は、もちろん酸の量も多くなってしまいます。

 

これが脂漏性皮膚炎の仕組みであり、炎症を引き起こす原因です。

 

マラセチア菌が繁殖する原因とは?

 

マラセチア菌は私達の皮膚の表面に付着している皮脂を栄養として繁殖します。

 

 

つまり、皮脂が過剰に分泌されることでマラセチア菌も過剰に繁殖してしまうことになります。

 

皮脂は一定のレベルに保たれており、過剰に分泌されるということはなかなかありません。

 

ですが、一度皮脂の過剰分泌が起こってしまうと、マラセチア菌が急激に増えてしまい、

多量の酸が頭皮にかかってしまうことになります。

 

ですので、皮脂を過剰に分泌させないように頭皮をケアする必要があります。

 

皮脂の過剰分泌を防ぐためには

 

皮脂は私たちの体の仕組み上、分泌を自分でコントロールすることができません。

 

 

できるのは過剰分泌の大本の原因を解消することでのみ、

対処をすることができるとされています。

 

この大本の原因とは血流が悪くなっている事です。

 

血流が悪くなっている場合、体の先端部分に影響が出やすいと言われており、

頭皮に影響が出やすいと言われています。

 

では、この血流を改善するために役立つもの。

 

それはアミノ酸を含んだシャンプーです。

 

 

アミノ酸は私達のエネルギーとなる重要な栄養素であり、

これを体内に取り込むことで血流が良くなると言われています。

 

よく言われている疲労回復サプリなどは、この血流がよくなる仕組みを活用したものであり、

さまざまな健康食品に使用されています。

 

頭皮の場合は、アミノ酸を含んだシャンプーということになり、

これを頭皮に直接使用することで頭皮の周りの血流がよくなります。

 

 

これによって皮脂の過剰分泌を防ぐことが出来ますので、

結果的に脂漏性皮膚炎の原因であるマラセチア菌の繁殖を防ぐことにもなります。

 

また、アミノ酸を含んだシャンプーの特徴として、

脂漏性皮膚炎に伴う症状を緩和してくれるという効果もあります。

 

例えば炎症によってもたらされる症状には乾燥がありますが、

センブリエキスと呼ばれる、乾燥を防ぐ成分も配合されているため、

炎症、乾燥によるフケやかゆみを緩和してくれるといった効果にも期待できます。

 

また、甘草エキスなどもセットで配合されており、

これは炎症を抑える効果にも期待できます。

 

 

アミノ酸シャンプーには、血流を改善する他、

脂漏性皮膚炎によってもたらされる症状を緩和する効果があります。

 

繰り返しになりますが、脂漏性皮膚炎はかゆみなどの症状を伴いますし、

ひどいときにはそれによってかさぶたになることもあります。

 

最終的には抜け毛といった症状につながってきますので、

早めに対処していくのが望ましいでしょう。

 

 

脂漏性皮膚炎の症状対策シャンプーはこちら

脂漏性皮膚炎のきっかけってなに?そもそもどうして起こるの?

読了までの目安時間:約 6分

脂漏性皮膚炎は頭皮や顔などに出やすい症状と言われており、

マラセチア菌とよばれるカビ菌が急激に繁殖することによって起こる皮膚炎です。

 

※よく癜風と間違われがちですが、あちらは菌が内部に入り込む感染症であり、

同じくマラセチア菌が原因ですが症状が違います。

 

 

 

 

マラセチア菌は酸を放出するという特徴を持っているため、

この菌が繁殖してしまうことによって、

皮膚上に多量の酸が降り注ぐことになり、炎症を起こしてしまいます。

 

これが脂漏性皮膚炎の仕組みです。

 

では、このマラセチア菌が急激に繁殖してしまうきっかけは何なのでしょうか?

 

 

それは皮脂が過剰に分泌されることで起こります。

 

皮脂は私達の皮膚を守るために重要な役割を持っています。

 

この皮脂は一定のバランスを保つようになっており、

健康な状態であれば過剰に分泌されるということは起きません。

 

ですが、皮膚が何らかの警告信号を発した場合、

皮脂を多めに分泌して皮膚を守ろうという働きが起こります。

 

これが皮脂の過剰分泌の仕組みです。

 

ここまで聞いた限りでは、皮膚を守るために行っていることですので、

体に良いことのように感じます。

 

実は先程のマラセチア菌は、

この皮脂を栄養として繁殖するという特徴があります。

 

 

ですので、皮膚を守るために皮脂を過剰に分泌しているはずが、

返って菌を繁殖させてしまい、皮膚を痛める原因となってしまいます。

 

もちろん皮脂が一定のバランスで保たれているのであれば、

マラセチア菌が急激に繁殖するということは起こりません。

 

ですので、脂漏性皮膚炎の症状を抑えるためには、

皮脂を過剰分泌させないようにしていく必要があります。

 

皮脂の過剰分泌の原因

 

では、皮脂の過剰分泌はどのようにして起こるのでしょうか?

 

実はさまざまな原因があり、一概にこれが原因ということはありません。

 

ストレス、タバコ、過度の飲酒、不規則な生活、紫外線を浴び続ける、

睡眠不足等数え上げればきりがありません。

 

ですが、これらの原因によって最終的にたどり着くもの。

 

それは血流が悪くなるということです。

 

 

皮脂が過剰分泌される主な原因は、

血流が悪くなっていることによって起こると言われています。

 

ご存知の方も多いと思いますが、

私たちは血液によってからの各器官に栄養が運ばれており、

それは頭皮も例外ではありません。

 

血流が悪くなり、必要な栄養素が運ばれていない・・・

といった症状を皮膚が察知した場合、皮脂を過剰に分泌し、

皮膚を守ろうという働きがされてしまうのです。

 

これが皮脂の過剰分泌の仕組みになります。

 

脂漏性皮膚炎のきっかけは私達の生活スタイルやさまざまな原因によって、

必要な血液が十分に行き渡りにくくなることによって起こるということになります。

 

脂漏性皮膚炎の症状

 

脂漏性皮膚炎は、その名の通り皮膚が炎症を起こしているということになりますので、

痒みなどの症状を伴ってきます。

 

 

ひどいときには瘡蓋ができるほど掻いてしまいますので、

頭皮のかゆみが尋常ではない場合は脂漏性皮膚炎を疑うべきでしょう。

 

また、炎症を起こしているということは、皮膚が乾燥しやすくなりますし、

頭皮の場合はフケとなって現れてきます。

 

毎日清潔にしているのにもかかわらず、

フケの量が明らかに多い場合も注意が必要です。

 

もともとフケはこの皮脂が感想によって固形化し、落ちていく症状ですので、

皮膚が乾燥していない場合はそれほどフケが目立ちません。

 

脂漏性皮膚炎の症状の特徴には、これらのフケやかゆみといった症状が伴いますので、

自分の皮膚が、このような症状になているのであれば。

 

早めに対処しておくのが望ましいでしょう。

 

これらの症状は皮膚を痛めることになりますし、

頭皮の場合、最終的には抜け毛や薄毛につながってしまいますので、

放っておくと大ダメージになってきます。

 

 

 

脂漏性皮膚炎に効果あり!?頭皮ケアシャンプーはこちら

癜風(でんぷう)と脂漏性皮膚炎とは少々異なる!?その違いとは?

読了までの目安時間:約 6分

癜風と脂漏性皮膚炎の症状は似ているようで少々意味合いが異なります。

 

どちらも癜風菌(通称マラセチア菌)が原因によって起こる症状であり、

頭皮などに起こりやすいとされているのは全く同じですが、

その症状に違いがあるため今回ご紹介していきます。

 

 

 

癜風は感染症

 

癜風はマラセチア菌によって引き起こされる真菌症(つまり皮膚の感染症)となります。

 

 

これは水虫なんかをイメージしてもらえるとわかりやすいと思いますが、

菌が繁殖し、それに皮膚内に侵入することによって引き起こされると言われています。

 

癜風はこれと原理は全く同じであり、

マラセチア菌が皮膚の中に侵入してきたことによって引き起こされるのが癜風です。

 

感染症には発熱を始めとした、さまざまな症状を伴うことはご存知だとは思いますが、

その症状は脂漏性皮膚炎とは全く異なります。

 

 

脂漏性皮膚炎は皮膚の炎症

 

 

これに対して脂漏性皮膚炎は、感染症というわけではなく、単純に皮膚の炎症です。

 

まずマラセチア菌の特徴として、酸を放出するというものがあります。

 

酸と言えば多くの方がイメージできると思いますが、物質を溶かしてしまいますよね?

 

私達の場合は、皮膚に降り注ぐことによって炎症、乾燥などの症状が起こるものであり、

主に頭皮に起こりやすいと言われています。

 

頭皮に酸が降ることで炎症を引き起こしてしまいます。

 

また、かゆみなどの症状を伴ってきます。

 

 

以上がそれぞれの違いになりますが、

結局の原因はマラセチア菌の繁殖であり、この菌の繁殖を防ぐことが重要と言われています。

 

 

マラセチア菌が繁殖する経緯

 

マラセチア菌は主に皮膚の細胞が集中しがちで、抵抗力が弱いとされている、

頭皮や顔などによく見られています。

 

このマラセチア菌の繁殖の原因の一つに、皮脂の過剰分泌があります。

 

 

皮脂は私達の皮膚の表面に付着している、いわゆる脂分なのですが、

何らかの原因により、皮脂が過剰に分泌されてしまった場合、

マラセチア菌が増殖してしまいます。

 

マラセチア菌はこの皮脂を栄養として育ちますので、

皮脂の過剰分泌を抑えることが何よりも重要と言えるでしょう。

 

マラセチア菌繁殖の原因とは?

 

マラセチア菌の繁殖を防ぐために重要なもの。

 

それは血流を良くすることです。

 

 

実は先ほどの皮脂が過剰に分泌されてしまう原因は、

血流が悪くなっていることで、皮膚が以上を察知し、

皮脂を過剰に分泌することで、皮膚を守ろうとする体の仕組みによるものです。

 

血流が悪くなる原因はさまざまあると言われていますが、

ストレス、加齢、不規則な食事、睡眠不足など、その原因は多数あると言われています。

 

これらの生活を見直していくことはもちろん重要なのですが、

それと同時に血流を良くすることも考えていく必要があります。

 

アミノ酸と症状を抑える成分

 

では、マラセチア菌の繁殖を抑えるためには、血流を改善する必要がありますが、

そのために必要と言われているのがアミノ酸です。

 

 

アミノ酸は私達のエネルギーとなる成分であり、

血流を良くし、エネルギーになるという重要な役割を果たしています。

 

例えばこのアミノ酸を活用したもので最も有名なものは、精力剤などがあります。

 

精力剤はedの治療に使用されているものですが、アミノ酸を多量に含んでおり、

血流を改善することで体全体の健康を回復し、

結果的にedの治療を行うというコンセプトになっています。

 

これと原理は同じなのですが、直接アミノ酸を頭皮などに含ませることで、

よりその効果を実感しやすくすることができます。

 

実は最近のシャンプーなどは、アミノ酸を含んだものも多数販売されているため、

アミノ酸を含んだシャンプーを選択肢に入れておくのも良いでしょう。

 

 

アミノ酸を含んだシャンプーのおすすめランキングはこちら

なぜ脂漏性皮膚炎には育毛シャンプーなのか?その理由は?

読了までの目安時間:約 5分

脂漏性皮膚炎の症状を緩和するためにおすすめされるのが、
育毛シャンプーの使用と言われています。

 

 

育毛・・・この言葉を聞いて、少なくとも良い気分はしないでしょうし、

少なくとも私は最初にえ!?って思いました。

 

ですが、脂漏性皮膚炎に育毛シャンプーが向いているされているのには、

もちろん理由があります。

 

1.アミノ酸を含んでいるものが多い

 

多くの育毛シャンプーには

アミノ酸が豊富に含まれているという特徴があります。

 

 

アミノ酸と言えばなんとなくイメージがつく方も多いかもしれませんが、

私達のエネルギーとなる成分です。

 

これは血流を良くしたり、疲労を回復したりとさまざまな効果が見込めますが、

この効果が脂漏性皮膚炎と相性が良いと言われています。

 

そもそも脂漏性皮膚炎の症状の大本は、頭皮が血行不良を起こし、

十分な栄養が行き渡らないことが原因の一つですので、

アミノ酸と相性が良いと言われています。

 

 

2.炎症を防ぐ成分が含まれている

 

これも育毛シャンプーの定番といえます。

 

 

抜け毛や薄毛の症状は、頭皮が炎症を起こし、乾燥してしまうことが原因であり、

これを防ぐために炎症を防ぐ生薬が使用されています。

 

これはほぼすべての育毛シャンプーに含まれていると言っても過言ではないでしょう。

 

使用されている生薬は、甘草エキス(グリチルリチン酸二カリウム)と言われており、

名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

 

脂漏性皮膚炎とはその名の通り、私達の皮膚の脂分が原因となって起こる炎症であり、

この炎症を防ぐためにグリチルリチン酸の効果の相性が良いと言われています。

 

3.保湿効果をもたらす成分が含まれている

 

いい加減しつこいかもしれませんが、もう少しお付き合いください(笑)

 

育毛シャンプーにはセンブリエキスと呼ばれる生薬の成分が使用されており、

先程のグリチルリチン酸と同様に、ほぼすべての育毛シャンプーに含まれています。

 

 

先程お伝えしたとおり、頭皮が炎症を起こしてしまった場合、

頭皮が乾燥しやすくなり、皮脂が固形化してフケが出やすくなります。

 

あなたの周りにも、フケが以上に多い人がいる・・・。

 

そんな状況を経験したことがありませんか?

 

あるいはあなた自身が毎日清潔にしているはずなのに、

フケが多量に落ちてしまっている。

 

そんな状況なのかもしれません。

 

これに対して育毛シャンプーに含まれているセンブリエキスが保湿効果をもたらし、

乾燥を防ぎ、フケを予防してくれます。

 

脂漏性皮膚炎でも同様のことが言えますが、頭皮が炎症を起こし、

乾燥してしまうという症状につながっていきます。

 

ですので、脂漏性皮膚炎に十分な対策をしてくれる成分と言って良いでしょう。

 


 

 

以上3点の特徴を挙げてみました。

 

 

もしあなたが私と同じように脂漏性皮膚炎の症状に悩まされ、

解決したいと考えているのであれば、

まずは育毛シャンプを使用してみてはいかがでしょうか?

 

 

育毛シャンプーランキングはこちら

 

脂漏性皮膚炎とアルコール。実は非常に相性が悪い!?

読了までの目安時間:約 5分

脂漏性皮膚炎は頭皮や顔など、皮脂が多い部分に比較的発生しやすい病気です。

 

これは皮脂が過剰に分泌されることで、皮脂を栄養とするカビが多量に繁殖してしまい、

頭皮に酸を放出し、その結果皮膚が痛みやすくなり、炎症を起こしてしまうという症状になります。

 

 

また、酸が降りかかることになりますので、

イメージがつく方もいるかもしれませんが痒みを伴います。

 

実はこの痒みがネックであり、ひどいときには寝れなくなることもあるようです。

 

私はそれでも気づかずに寝ていましたが。

 

少し人よりも感覚が鈍いのかもしれませんね。

 

さて、少し話がそれてしまいましたが、

実は脂漏性皮膚炎はその性質上、

炎症を起こし、痒み、フケといった症状を伴います。

 

そしてこれらの症状、特に痒みに関しては、

アルコールと非常に相性が悪いです。

 

つまり、痒みがよりひどくなってしまうということになります。

 

 

私自身、脂漏性皮膚炎と気づかずに普通に生活していた頃のことです。

 

私は晩酌が趣味であり、週末はよくお酒を飲みます。

 

これは男性の方ならなんとなくイメージできるかもしれませんが、

仕事が終わってお酒を飲みながら映画を見たり、ゆったりしたりと。

 

本当に至福の時なんですよね。

 

 

これが楽しみで仕事をしているという(笑)

 

まあ他にも趣味はありますが、少なくとも週末の晩酌が至福のひとときで

あることは間違いありません。

 

さて、話を戻しますが、脂漏性皮膚炎と気付かずに

アルコールを多量に飲んだことも結構ありましたが、

実は大変な事になってしまうようです。

 

知らず知らずのうちに痒くなってきて、血が出るくらい頭を掻いていたようです。

 

 

翌日目が冷めたら血が出ていた・・・なんてことも結構ありました。

 

まあこの時点で気づけばよかったのですが、鈍いんでしょうね。

 

そのまま2周間以上は放っておいたと思います。

 

気づけば頭皮が瘡蓋だらけになっていました。

 

普段であれば少し頭を掻く程度だったのですが、お酒を飲んでしまうと、

痒みが倍増してしまうようですね。

 

しかも私の場合、結構ベロンベロンになるまで飲んでしまうタイプなので、

自分で頭を掻いていることに気づかなかったようです。

 

私自身がこのような経験をしたからこそ分かります。

 

脂漏性皮膚炎のような、

痒みが伴う病気の時にアルコールは非常に相性が悪いです。

 

 

痒みが本当に倍増してしまいます。

 

先程瘡蓋ができていたとお話しましたが、よくよく思い出してみれば、

お酒を飲んだときの後が多かったような気がします。

 

逆に言えば、この症状があったからこそ

脂漏性皮膚炎とようやく気づいたわけですが。

 

さて、私と同じように、

週末、もしくは普段から晩酌をしている人は多いと思います。

 

ですが、脂漏性皮膚炎のように痒みが伴うような病状の場合、

アルコールはその痒みが倍増してしまうため注意が必要です。

 

 

皮膚にカビのようなものが!?その症状は・・・?

読了までの目安時間:約 5分

脂漏性皮膚炎の症状が伴ってきている場合は、

皮膚にカビが繁殖している可能性が高いです。

 

 

え!?って思うかもしれませんが、

脂漏性皮膚炎の症状に深い関連を持つカビ。

 

それがマラセチア菌と呼ばれるものです。

 

マラセチア菌は酸を放出するという特徴がありますが、

これが頭皮を痛めてしまい、脂漏性皮膚炎につながっていきます。

 

頭皮の炎症、赤み、フケなどの症状が見られた場合、

マラセチア菌の感染を疑った方が良いでしょう。

 

では、マラセチア菌はなぜ繁殖してしまうのでしょうか?

 

その答えは、皮脂の急激な分泌ということになります。

 

皮脂の役割とは??

 

皮脂はその名の通り脂分なのですが、

これは私達の皮膚を紫外線や外気から守るために重要な役割を担ってくれています。

 

 

この皮脂があるからこそ皮膚病や炎症をおこすのを防いでくれるのです。

 

皮脂は健全な状態であっても皮膚の表面に付着しているため、

そこまで気にすることではありません。

 

ですが問題となるのはその分泌量です。

 

私達の体の性質上、皮脂は一定のレベルでしか分泌されず、

必要最低限の一定レベルでその量が保たれています。

 

ですが、頭皮の血行が悪くなり、十分な栄養が行き渡りにくくなった場合、

頭皮の細胞が異常を察知します。

 

その結果、皮膚を守るために過剰に皮脂を分泌してしまうのです。

 

 

 

実はこの状態が先ほど紹介した皮膚のカビであるマラセチア菌と関連します。

 

つまり、マラセチア菌は皮脂を栄養としているのです。

 

つまり、皮脂が過剰に分泌されてしまえば、

それだけマラセチア菌が多量に繁殖しやすい環境になってしまいます。

 

その結果、酸が多量に放出されてしまうのです。

 

酸と言えばあなたもご存知かもしれませんが、

強い酸性を伴っていれば、物質を溶かしてしまいますよね?

 

これと原理は同じであり、マラセチア菌によってさんが多量に放出された場合、

頭皮に酸が直接降りかかることになりますので、皮膚がダメージを受けやすくなってしまいます。

 

 

これによって、頭皮が炎症を起こしたり、強いかゆみを伴ってしまうのです。

 

しかも脂漏性皮膚炎の症状が重い場合は、

知らず知らずのうちに頭を掻いてしまうクセがついてしまうようですので、

瘡蓋ができたり、場合によっては血が出てしまいます。

 

そうなっては当然、髪の毛が生えてくるはずの毛母細胞に傷がついてしまいますので、

抜け毛や薄毛といった症状につながってしまうのです。

 

頭皮にあるカビの一種であるマラセチア菌は通常であれば

そこまで悪さをするようなことはありません。

 

そしてこれの厄介なところは、

私達の体の仕組み上そのようになってしまうという点です。

 

 

つまり、皮脂を過剰に分泌するという仕組みは防ぐことができません。

 

ですので、その前段階である血行不良を改善し、

頭皮に十分な栄養を行き渡らせることや、

すでに発症している炎症を防ぐように対策をしていく必要があります。

 

そこでおすすめするのが、炎症を防ぎ、血流をよくし、

頭皮の異常に関連する保湿成分を含んだシャンプーです。

 

つまり、育毛シャンプーと呼ばれているものになります。

 

これらの成分を頭皮に直接浸透させることで、

頭皮の状態悪化を防ぐことにつながるでしょう。

 

おすすめ育毛シャンプーランキングはこちら!

 

当サイトおすすめ!

【CHAP UP】

価格、成分量共に文句なし!

頭皮の痒み、フケの解消はコレ!

button_001

カテゴリー
ランキング参加中

あなたのクリックが励みになります!

↓↓↓