脂漏皮膚炎の症状,頭皮の乾燥,シャンプー

【必見】脂漏性皮膚炎の症状にはこれ!頭皮の乾燥対策シャンプーがおすすめ!

【知らなきゃ損】脂性皮膚炎の症状であるフケ、頭皮の赤み、痒みは放っておくと大変なことになります。効果的な成分を配合したシャンプーをランキングでご紹介!

皮膚のカビ!?それはマラセチア菌の可能性があります。

読了までの目安時間:約 7分
  • 頭皮が痒みを帯びている・・・
  • 頭皮が赤い・・・
  • 頭皮から出るフケがすごい・・・

 

 

この症状、放っておくと大変なことになります。

 

 

というのも、これらの症状は、皮膚にマラセチア菌と呼ばれる

カビが繁殖している可能性があるためです。

 

マラセチア菌は酸を放出するという特徴があるカビであり、

頭皮に酸が降り注ぐという事態になっているかもしれません。

 

 

酸と言えばあなたもご存知かもしれませんが、物質を溶かしたりしますよね?

 

これが皮膚の場合はどうなってしまうのか?

 

もちろん頭皮の細胞が傷んでしまい、炎症を引き起こしてしまいます。

 

これだけで済めばまだ良いのですが、炎症を起こしてしまった頭皮は、

保湿成分が少なくなり、乾燥しやすくなってきます。

 

頭皮だけ水分が少なくなってしまうのです。

 

これがフケの原因と言われています。

 

 

フケが落ちる仕組み

 

私達の皮膚には、皮脂と呼ばれる脂分が表面に付着しており、

これによって外気や紫外線などから肌を守ってくれています。

 

 

ですが、この皮脂が先程の乾燥によって固形化してしまい、

頭皮から落ちてきてしまうのです。

 

これがいわゆるフケであり、

1つ1つが非常に目立つぐらい大きいのが特徴です。

 

例えばあなたの周りにも一人ぐらい入るかもしれませんが、

清潔そうに見えるのにフケが何故か多い人っていませんか?

 

あるいはここを見ているということは、

あなた自身がそのような症状に悩まされているのではないでしょうか?

 

フケの原因は頭皮の乾燥ということになり、

その大本の原因が皮膚のカビであるマラセチア菌の可能性が高いです。

 

 

それに見た目という点でもフケは気になってしまいますよね?

 

このような症状に心あたりがあるようであれば、

早めに対処しておくことをおすすめします。

 

頭皮が痒くなってくる

 

最初にお伝えしたとおり、マラセチア菌の繁殖により、

頭皮が炎症を起こしてしまいますが、酸が放出されることによる厄介な症状。

 

それはかゆみになります。

 

 

これは私自身が身を持って体験しているため、すぐに分かりますが、

マラセチア菌の酸が頭皮に降りかかることにより、

強いかゆみの症状を伴ってしまいます。

 

症状がひどい人は、掻きすぎてかさぶたになってしまったり、

かゆみで寝られなくなってくることもあるのだそうです。

 

これもマラセチア菌の厄介な症状の一つと言って良いでしょう。

 

 

マラセチア菌が繁殖しにくい頭皮を作る

 

であれば、頭皮のカビであるマラセチア菌の繁殖を防ぐことが

対処に繋がるということになりますが、

そもそもこのマラセチア菌はどうして繁殖してしまうのでしょうか?

 

 

それはあなた自身の健康状態になります。

 

正確に言えば頭皮の健康状態ということでしょうか。

 

まずこの症状の根本には、血行不良によって、

頭皮にうまく栄養素が行き渡っていないということが挙げられます。

 

あなた自身ももしかしたら心あたりがあるかもしれませんね。

 

ストレス、偏った食事、睡眠不足、タバコ、年齢によるものなど、

血行不良が起こる原因はさまざまですが、

最終的に血行不良を引き起こしてしまうのです。

 

繰り返しになりますが、血行不良が続いた場合は

もちろん頭皮に十分な栄養が行き渡りにくくなります。

 

こうなった場合、私達の体が警告信号を発することで

頭皮から過剰に皮脂が分泌されてしまいます。

 

 

もちろん異常な活動というわけではなく、頭皮や皮膚を守るために、

過剰に皮脂を分泌してしまいます。

 

実は何度かご紹介してきているマラセチア菌。

 

この皮脂を栄養にして繁殖すると言われています。

 

ですので、頭皮を守るために皮脂を過剰に分泌しているつもりが、

返って菌の繁殖スピードを早めてしまったというなんとも皮肉な結果です。

 

いかがでしょうか?

 

これがマラセチア菌繁殖の原因となります。

 

もしあなたが痒み、フケ、頭皮の赤みなどの症状に少しでも心あたりがあるのであれば、

早めに対処しておくのが望ましいでしょう。

 

 

マラセチア菌に効果あり!頭皮ケアシャンプーランキングへ!

皮膚にカビのようなものが!?その症状は・・・?

読了までの目安時間:約 5分

脂漏性皮膚炎の症状が伴ってきている場合は、

皮膚にカビが繁殖している可能性が高いです。

 

 

え!?って思うかもしれませんが、

脂漏性皮膚炎の症状に深い関連を持つカビ。

 

それがマラセチア菌と呼ばれるものです。

 

マラセチア菌は酸を放出するという特徴がありますが、

これが頭皮を痛めてしまい、脂漏性皮膚炎につながっていきます。

 

頭皮の炎症、赤み、フケなどの症状が見られた場合、

マラセチア菌の感染を疑った方が良いでしょう。

 

では、マラセチア菌はなぜ繁殖してしまうのでしょうか?

 

その答えは、皮脂の急激な分泌ということになります。

 

皮脂の役割とは??

 

皮脂はその名の通り脂分なのですが、

これは私達の皮膚を紫外線や外気から守るために重要な役割を担ってくれています。

 

 

この皮脂があるからこそ皮膚病や炎症をおこすのを防いでくれるのです。

 

皮脂は健全な状態であっても皮膚の表面に付着しているため、

そこまで気にすることではありません。

 

ですが問題となるのはその分泌量です。

 

私達の体の性質上、皮脂は一定のレベルでしか分泌されず、

必要最低限の一定レベルでその量が保たれています。

 

ですが、頭皮の血行が悪くなり、十分な栄養が行き渡りにくくなった場合、

頭皮の細胞が異常を察知します。

 

その結果、皮膚を守るために過剰に皮脂を分泌してしまうのです。

 

 

 

実はこの状態が先ほど紹介した皮膚のカビであるマラセチア菌と関連します。

 

つまり、マラセチア菌は皮脂を栄養としているのです。

 

つまり、皮脂が過剰に分泌されてしまえば、

それだけマラセチア菌が多量に繁殖しやすい環境になってしまいます。

 

その結果、酸が多量に放出されてしまうのです。

 

酸と言えばあなたもご存知かもしれませんが、

強い酸性を伴っていれば、物質を溶かしてしまいますよね?

 

これと原理は同じであり、マラセチア菌によってさんが多量に放出された場合、

頭皮に酸が直接降りかかることになりますので、皮膚がダメージを受けやすくなってしまいます。

 

 

これによって、頭皮が炎症を起こしたり、強いかゆみを伴ってしまうのです。

 

しかも脂漏性皮膚炎の症状が重い場合は、

知らず知らずのうちに頭を掻いてしまうクセがついてしまうようですので、

瘡蓋ができたり、場合によっては血が出てしまいます。

 

そうなっては当然、髪の毛が生えてくるはずの毛母細胞に傷がついてしまいますので、

抜け毛や薄毛といった症状につながってしまうのです。

 

頭皮にあるカビの一種であるマラセチア菌は通常であれば

そこまで悪さをするようなことはありません。

 

そしてこれの厄介なところは、

私達の体の仕組み上そのようになってしまうという点です。

 

 

つまり、皮脂を過剰に分泌するという仕組みは防ぐことができません。

 

ですので、その前段階である血行不良を改善し、

頭皮に十分な栄養を行き渡らせることや、

すでに発症している炎症を防ぐように対策をしていく必要があります。

 

そこでおすすめするのが、炎症を防ぎ、血流をよくし、

頭皮の異常に関連する保湿成分を含んだシャンプーです。

 

つまり、育毛シャンプーと呼ばれているものになります。

 

これらの成分を頭皮に直接浸透させることで、

頭皮の状態悪化を防ぐことにつながるでしょう。

 

おすすめ育毛シャンプーランキングはこちら!

 

当サイトおすすめ!

【CHAP UP】

価格、成分量共に文句なし!

頭皮の痒み、フケの解消はコレ!

button_001

カテゴリー
ランキング参加中

あなたのクリックが励みになります!

↓↓↓