脂漏皮膚炎の症状,頭皮の乾燥,シャンプー

【必見】脂漏性皮膚炎の症状にはこれ!頭皮の乾燥対策シャンプーがおすすめ!

【知らなきゃ損】脂性皮膚炎の症状であるフケ、頭皮の赤み、痒みは放っておくと大変なことになります。効果的な成分を配合したシャンプーをランキングでご紹介!

頭皮がかゆい・・・それってマラセチア菌かも。放っておくと・・・

読了までの目安時間:約 6分

頭皮の痒みがひどい・・・。

知らないうちに頭を掻いている・・・。

 

こんな症状に心当たりがありませんか?

 

 

これは乾燥などの可能性もあるかもしれませんが、

あまりにひどい場合は、マラセチア菌の繁殖を疑ったほうが良いかもしれません。

 

これは頭皮や顔などによく繁殖されるという菌であり、

放っておくと毛根が大ダメージを受ける可能性があるためです。

 

 

というのも、想像がつくかもしれませんが、

毛根がダメージを受けるとどうなるのか?

 

言うまでもなく、ハゲ、薄毛といった症状につながってしまうためです。

 

もしあなたが以下の症状に心あたりがあるようであれば、

頭皮の状態が健康とは言えません。

 

  • 清潔にしているのにフケが異常に多い気がする
  • 知らないうちに頭を掻いている
  • 頭皮が赤くなっている
  • 髪の毛がぱさつきやすくなている

 

こんな症状を感じているのであれば、頭皮のダメージが大きくなっている可能性があります。

 

 

まずフケが多いことに関してですが、これは頭皮が乾燥していることによって起こります。

 

 

マラセチア菌の特徴として、酸を放出するというものがあります。

 

つまり、マラセチア菌が多量に繁殖するということは、

酸が多量に頭皮にかかってしまうということであり、

これによって頭皮が傷んでしまい炎症を引き起こします。

 

炎症が起こった頭皮の表面に付着している皮脂と呼ばれる脂分が乾燥してしまい、

フケとなって落ちていきます。

 

これがフケが異常に多い原因です。

 

次に頭を掻いていることについてですが、これも原理は全く同じであり、

マラセチア菌による酸が頭皮にかかり、炎症を起こしてしまうということは、

かゆみを引き起こしてしまいます。

 

症状はそんなに重くないと言われていますが、

実はこれを放っておいたことで、かゆみが悪化し、眠れない、

瘡蓋になるまで掻いてしまうという報告もあります。

 

 

私はこの症状に気付かずにお酒を飲んでいたら、

朝になったら掻きすぎて血が出ていました。

 

この鈍感具合にはほとほと呆れてしまいますが、

このような症状を伴ってしまうようです。

 

私はこの時点でようやく気づきましたが。

 

ちなみに頭皮が赤みを帯びているのも同じ症状です。

 

炎症を起こしているということは、皮膚が赤くなる。

 

こんな経験をしたことがある人は多いと思いますが、

頭皮が赤くなっているのはまさにこの症状と同様の例と言えるでしょう。

 

最後に髪がぱさつきやすくなっていること。

 

 

これはマラセチア菌とは少し違いますが、

頭皮に十分な栄養がいきわたっていないことが原因です。

 

髪の毛は毛根から栄養を受けているというのはご存知かもしれませんが、

血流が悪くなることによって、頭皮に十分な栄養が生きにくくなり、

結果的に髪そのものもダメージを受けてしまうようです。

 

 


 

 

以上がマラセチア菌の繁殖による影響になります。

 

では、どうしてマラセチア菌が繁殖してしまうのでしょうか?

 

実は先程の血流悪化が大本の原因と言われています。

 

 

血流が悪化してしまうと、私たちは頭皮に皮脂を過剰分泌します。

 

これはもちろん皮脂によって頭皮の細胞を守るためと言われており、

言わば防御本能の一種です。

 

これを行うことで本来は頭皮が守られるはずなのですが、

マラセチア菌はこの皮脂を栄養として繁殖するという特徴があり、

かえって菌の繁殖を助けてしまう結果になってしまいます。

 

ですので、結果的に繁殖を助けてしまった・・・ということであり、

なんとも皮肉な話になりますね。

 

では、この皮脂の過剰分泌を防ぐにはどうすればよいのか?

 

それは育毛シャンプーの使用です。

 

 

育毛シャンプーは頭皮の血流を良くしてくれるアミノ酸、

炎症を抑えて、かゆみを緩和してくれる生薬、

そして頭皮に保湿成分を流し、フケ、かゆみなどの症状を抑える生薬

 

こういった成分が使用されており、しかも価格もリーズナブルであるため、

まずは試してみたい!という方にうってつけと言えるでしょう。

 

 

育毛シャンプーのおすすめランキングはこちら

皮脂が過剰分泌されるとどういうことが起こるの?体への影響は?

読了までの目安時間:約 6分

脂漏性皮膚炎は私達の体の細胞が何らかの異常を感じた際に、

皮脂が過剰に分泌されることによって起こる症状と言われています。

 

 

最も一般的なものとして考えられるのが、

血流が悪くなっていることによるものです。

 

これにより、私達の体は皮膚を守ろうと考え、

皮脂を過剰に分泌させるという仕組みになっています。

 

ですが、この皮脂が過剰分泌されることによって、

マラセチア菌と呼ばれる菌が過剰に繁殖してしまい、体に悪影響を及ぼします。

 

これが脂漏性皮膚炎の症状となります。

 

 

皮脂が過剰に分泌されることは、皮膚を守るために私達の体が自然に行うものですが、

それが帰って皮膚炎を起こしてしまうということは、なんとも皮肉な話ですね。

 

さて、では皮脂が過剰に分泌されることによって起こる症状について、

もう少しだけ触れてみたいと思います。

 

まず気になるのはフケです。

 

 

御存知の通り、フケが多い人って清潔感があるようには見られないですよね?

 

これは普段通り身の回りを清潔にしていても起こりますので、

見た目的にも、人からの印象という点でも決して良いとは言えないでしょう。

 

さて、このフケの正体は皮脂が固形化したものです。

 

脂漏性皮膚炎とはその名の通り皮膚が炎症を起こしているものですので、

この症状が長引いた場合、皮膚が乾燥しやすくなってしまいます。

 

皮膚が乾燥することによって頭皮の表面にある皮脂が固形化し、

フケとなって現れるのです。

 

なお、脂漏性皮膚炎によるフケは比較的サイズが大きいという特徴があり、

見た目ですぐにわかりますので、フケがあまりに多い、大きいなど、

自分の体に異変を感じたら脂漏性皮膚炎の症状を疑っても良いでしょう。

 

繰り返しになりますが、フケが多い人は対外的にも決して良い印象を与えません。

 

あなた自身がフケが多い人を見た際の印象を考えればわかると思います。

 

ですので、異常を察知したら早めに対処しておくのが望ましいでしょう。

 

次に気になるのが臭いです。

 

 

皮脂とはその名の通り脂分であり、体から発せられるものです。

 

ですので、脂のような臭いがついて回ることになります。

 

これは少々厄介なのですが、自分自身がその臭いに気づきにくいのです。

 

もともと皮脂は私達の皮膚の表面に当たり前に存在する成分であり、

臭いがそこまできつい・・・なんてことはありません。

 

ですが、脂漏性皮膚炎の症状に関連して過剰に皮膚が分泌されてしまっているのであれば、

脂のような臭いが出て来るかたもいるようです。

 

こればかりは自分自身で確かめようがありませんが、

少なくとも臭いという点でも人からの印象を考えた場合、

早めに対処しておくのが望ましいと思います。

 

では、これを判断する方法は何かないものか?

 

それは先程のフケです。

 

臭いに関しては自分自身で判断する方法はなかなかないのですが、

フケの場合は自分で気づくのは比較的簡単だと思います。

 

フケも臭いもどちらも脂漏性皮膚炎の症状の一つですので、

セットで考えておくと良いでしょう。

 

さて、最後になりますが、

皮脂が過剰に分泌された場合、かゆみの症状も出てきます。

 

 

最初にご紹介したマラセチア菌と呼ばれる菌は、

酸を放出するという特徴があります。

 

つまり、マラセチア菌の繁殖が多くなることで、

頭皮に多量の酸が降り注いでしまうということになります。

 

酸と言えばなんとなくイメージができるかもしれませんが、

物質を溶かしてしまいます。

 

もちろん菌から放出される酸は底まで強いものではありませんが、

これが皮膚上に降りかかることで強いかゆみを伴ってしまいます。

 

症状がひどくなってくれば、知らず知らずのうちに掻きすぎて

出血をしてしまうということもあるようです。

 

これは比較的後期的な症状になりますが、

この症状が長く続いた場合は私生活に大きく影響が出てしまいますので、

これもできるだけ早めに対処しておくべきでしょう。

 

 

脂漏性皮膚炎に効く!シャンプーランキングここ!

皮膚のカビ!?それはマラセチア菌の可能性があります。

読了までの目安時間:約 7分
  • 頭皮が痒みを帯びている・・・
  • 頭皮が赤い・・・
  • 頭皮から出るフケがすごい・・・

 

 

この症状、放っておくと大変なことになります。

 

 

というのも、これらの症状は、皮膚にマラセチア菌と呼ばれる

カビが繁殖している可能性があるためです。

 

マラセチア菌は酸を放出するという特徴があるカビであり、

頭皮に酸が降り注ぐという事態になっているかもしれません。

 

 

酸と言えばあなたもご存知かもしれませんが、物質を溶かしたりしますよね?

 

これが皮膚の場合はどうなってしまうのか?

 

もちろん頭皮の細胞が傷んでしまい、炎症を引き起こしてしまいます。

 

これだけで済めばまだ良いのですが、炎症を起こしてしまった頭皮は、

保湿成分が少なくなり、乾燥しやすくなってきます。

 

頭皮だけ水分が少なくなってしまうのです。

 

これがフケの原因と言われています。

 

 

フケが落ちる仕組み

 

私達の皮膚には、皮脂と呼ばれる脂分が表面に付着しており、

これによって外気や紫外線などから肌を守ってくれています。

 

 

ですが、この皮脂が先程の乾燥によって固形化してしまい、

頭皮から落ちてきてしまうのです。

 

これがいわゆるフケであり、

1つ1つが非常に目立つぐらい大きいのが特徴です。

 

例えばあなたの周りにも一人ぐらい入るかもしれませんが、

清潔そうに見えるのにフケが何故か多い人っていませんか?

 

あるいはここを見ているということは、

あなた自身がそのような症状に悩まされているのではないでしょうか?

 

フケの原因は頭皮の乾燥ということになり、

その大本の原因が皮膚のカビであるマラセチア菌の可能性が高いです。

 

 

それに見た目という点でもフケは気になってしまいますよね?

 

このような症状に心あたりがあるようであれば、

早めに対処しておくことをおすすめします。

 

頭皮が痒くなってくる

 

最初にお伝えしたとおり、マラセチア菌の繁殖により、

頭皮が炎症を起こしてしまいますが、酸が放出されることによる厄介な症状。

 

それはかゆみになります。

 

 

これは私自身が身を持って体験しているため、すぐに分かりますが、

マラセチア菌の酸が頭皮に降りかかることにより、

強いかゆみの症状を伴ってしまいます。

 

症状がひどい人は、掻きすぎてかさぶたになってしまったり、

かゆみで寝られなくなってくることもあるのだそうです。

 

これもマラセチア菌の厄介な症状の一つと言って良いでしょう。

 

 

マラセチア菌が繁殖しにくい頭皮を作る

 

であれば、頭皮のカビであるマラセチア菌の繁殖を防ぐことが

対処に繋がるということになりますが、

そもそもこのマラセチア菌はどうして繁殖してしまうのでしょうか?

 

 

それはあなた自身の健康状態になります。

 

正確に言えば頭皮の健康状態ということでしょうか。

 

まずこの症状の根本には、血行不良によって、

頭皮にうまく栄養素が行き渡っていないということが挙げられます。

 

あなた自身ももしかしたら心あたりがあるかもしれませんね。

 

ストレス、偏った食事、睡眠不足、タバコ、年齢によるものなど、

血行不良が起こる原因はさまざまですが、

最終的に血行不良を引き起こしてしまうのです。

 

繰り返しになりますが、血行不良が続いた場合は

もちろん頭皮に十分な栄養が行き渡りにくくなります。

 

こうなった場合、私達の体が警告信号を発することで

頭皮から過剰に皮脂が分泌されてしまいます。

 

 

もちろん異常な活動というわけではなく、頭皮や皮膚を守るために、

過剰に皮脂を分泌してしまいます。

 

実は何度かご紹介してきているマラセチア菌。

 

この皮脂を栄養にして繁殖すると言われています。

 

ですので、頭皮を守るために皮脂を過剰に分泌しているつもりが、

返って菌の繁殖スピードを早めてしまったというなんとも皮肉な結果です。

 

いかがでしょうか?

 

これがマラセチア菌繁殖の原因となります。

 

もしあなたが痒み、フケ、頭皮の赤みなどの症状に少しでも心あたりがあるのであれば、

早めに対処しておくのが望ましいでしょう。

 

 

マラセチア菌に効果あり!頭皮ケアシャンプーランキングへ!

脂漏性皮膚炎とアルコール。実は非常に相性が悪い!?

読了までの目安時間:約 5分

脂漏性皮膚炎は頭皮や顔など、皮脂が多い部分に比較的発生しやすい病気です。

 

これは皮脂が過剰に分泌されることで、皮脂を栄養とするカビが多量に繁殖してしまい、

頭皮に酸を放出し、その結果皮膚が痛みやすくなり、炎症を起こしてしまうという症状になります。

 

 

また、酸が降りかかることになりますので、

イメージがつく方もいるかもしれませんが痒みを伴います。

 

実はこの痒みがネックであり、ひどいときには寝れなくなることもあるようです。

 

私はそれでも気づかずに寝ていましたが。

 

少し人よりも感覚が鈍いのかもしれませんね。

 

さて、少し話がそれてしまいましたが、

実は脂漏性皮膚炎はその性質上、

炎症を起こし、痒み、フケといった症状を伴います。

 

そしてこれらの症状、特に痒みに関しては、

アルコールと非常に相性が悪いです。

 

つまり、痒みがよりひどくなってしまうということになります。

 

 

私自身、脂漏性皮膚炎と気づかずに普通に生活していた頃のことです。

 

私は晩酌が趣味であり、週末はよくお酒を飲みます。

 

これは男性の方ならなんとなくイメージできるかもしれませんが、

仕事が終わってお酒を飲みながら映画を見たり、ゆったりしたりと。

 

本当に至福の時なんですよね。

 

 

これが楽しみで仕事をしているという(笑)

 

まあ他にも趣味はありますが、少なくとも週末の晩酌が至福のひとときで

あることは間違いありません。

 

さて、話を戻しますが、脂漏性皮膚炎と気付かずに

アルコールを多量に飲んだことも結構ありましたが、

実は大変な事になってしまうようです。

 

知らず知らずのうちに痒くなってきて、血が出るくらい頭を掻いていたようです。

 

 

翌日目が冷めたら血が出ていた・・・なんてことも結構ありました。

 

まあこの時点で気づけばよかったのですが、鈍いんでしょうね。

 

そのまま2周間以上は放っておいたと思います。

 

気づけば頭皮が瘡蓋だらけになっていました。

 

普段であれば少し頭を掻く程度だったのですが、お酒を飲んでしまうと、

痒みが倍増してしまうようですね。

 

しかも私の場合、結構ベロンベロンになるまで飲んでしまうタイプなので、

自分で頭を掻いていることに気づかなかったようです。

 

私自身がこのような経験をしたからこそ分かります。

 

脂漏性皮膚炎のような、

痒みが伴う病気の時にアルコールは非常に相性が悪いです。

 

 

痒みが本当に倍増してしまいます。

 

先程瘡蓋ができていたとお話しましたが、よくよく思い出してみれば、

お酒を飲んだときの後が多かったような気がします。

 

逆に言えば、この症状があったからこそ

脂漏性皮膚炎とようやく気づいたわけですが。

 

さて、私と同じように、

週末、もしくは普段から晩酌をしている人は多いと思います。

 

ですが、脂漏性皮膚炎のように痒みが伴うような病状の場合、

アルコールはその痒みが倍増してしまうため注意が必要です。

 

 

脂漏性皮膚炎って伝染るの?いいえ、そんなことはありません。

読了までの目安時間:約 2分

脂漏性皮膚炎って伝染るかも・・・。

 

 

そのように考えているのであれば心配は不要です。

 

そもそも脂漏性皮膚炎は伝染病ではありませんので、

人に伝染るということはありません。

 

そもそも脂漏性皮膚炎は、

自分の頭皮や顔の皮脂が摩擦を起こしていることで起こる症状であり、

原因となるのはその人自身です。

 

よって、自分が原因で自分だけに症状が起きるものですので、

どうぞご安心ください。

 

とは言え、頭皮が炎症を起こしているということでもありまるので、

人に伝染らないからといって安心という訳にはいきません。

 

 

脂漏性皮膚炎の症状が進行していった場合は、

頭皮や顔の皮膚が炎症を起こし、赤くなったり、抜け毛につながるためです。

 

頭皮が炎症を起こしてしまえば乾燥し、

頭皮に含まれている皮脂がフケとなって多量に落ちてきますし、

それに伴って痒みなどの症状も伴います。

※かゆみのほうがウェイトが大きいのですが、人によっては痛みを伴う方もいるようです。

 

こうなると無意識のうちに頭を掻くクセがついてしまい、

毛母細胞がダメージを負いますので、最終的に抜け毛につながっていきます。

 

よって、脂漏性皮膚炎は人に伝染らないからと言って安心せず、

早めに対処しておくことをおすすめします。

 

 

当サイトおすすめ!

【CHAP UP】

価格、成分量共に文句なし!

頭皮の痒み、フケの解消はコレ!

button_001

カテゴリー
ランキング参加中

あなたのクリックが励みになります!

↓↓↓